実は高級食材!?「ボラ」のおいしい食べ方&おすすめレシピ5選

臭みが強く、食べにくいと思われがちな「ボラ」。実は、下処理を丁寧におこなうことで、とてもおいしく食べることができるんです。今回は、臭みの原因や下処理の方法、さらにおすすめのレシピを5選ご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

2018年3月28日 更新

そもそもボラってどんな魚なの?

ボラは、まずその見た目にインパクトがあります。体は細長く、頭部が平たいのが特徴。表面に青色っぽい縦線が走っているのも特徴的です。成長によって名前の変わる「出世魚」で、体長30〜40cmのときに「ボラ」という名前になります。

旬は10~1月。海水の温度が低い時期に漁られるボラは「寒ボラ」とも呼ばれ、脂ののりがよく、特においしいとされています。また、全体に張りがあり、黒々としているものが新鮮なようです。

淡白ですが、ほどよい歯応えがあり甘みも強め。特にお刺身にすると、鮮やかな血合いと透き通った身の色がとてもきれいで、真鯛のような味がするとも言われています。さらに、火を通すと、ふわふわな食感を味わうこともできます。

成長によって呼び名が変わる出世魚

ボラはブリやスズキなどと同様、大きさによって呼び名が変わる出世魚です。関東では、オボコ、イナッコ、スバシリ、イナ、ボラ、トドの順で呼ばれています。ちなみに、最後のトドというのは、アシカ科のトドではなく魚のほうを指します。

ボラは、2番目に大きい時期の呼び名で、体長は30〜50cmの間だそうです。また、ボラの卵巣は塩漬けにしてカラスミとして食べられています。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう