胸やももとは違う!意外な希少部位「鶏肩肉」のヘルシー節約レシピ9選

ときどきスーパーで見かける鶏肩肉。お手頃価格で気になっている方も多いはず!今回はそんなお悩みをお持ちの方に、鶏肩肉がどんな部位か?そして、どのような調理でおいしく食べられるのか?をご紹介。鶏肩肉を利用するとヘルシーで節約もできますよ!

2018年12月5日 更新

5. 鶏肩肉でヘルシーに!オリーブオイル焼

市販のハーブソルトをさっと降ってオリーブオイルでカリッと焼けば、そのままでもおいしい焼き物になります。こちらのレシピではレモン風味のソルトを使っていますが、味付けに使う塩はお好みで!肩肉は、もともとひと口大の大きさで販売されていますので、切らずにそのまま調理することができます。時間の無いとき、お財布がピンチの時にも、鶏肩肉を使えばおいしい塩焼きを楽しむことができます。

6. 肩肉の唐揚げを野菜とマリネに

片栗粉をまぶして作る唐揚げはカリカリっとした食感が楽しめます。脂身の少ない肩肉ですが、こちらのレシピでは少なめのオイルでゆっくりと揚げや気にしてるのでさらに脂分が落ちてよりヘルシーになりますよ!出来上がった唐揚げをたっぷりの薄切り野菜とマリネにするとすっきりと召し上がれます。仕上げにレモンとエクストラバージンオリーブオイルをかけるのがポイント。とても香りがいいマリネです!

7. たけのこと肩肉のピリ辛炒め

薄切りにしたたけのこのサクサクとした食感と、歯ごたえのある肩肉の食感の違いが楽しめる炒め物です。塩のみで味付けていますが、鷹の爪とニンニクが入っていますのでピリッとした辛さと香りがたまりません。鶏肉もたけのこも適度に焦げ目がつくほど炒めることでおいしさが増します。

8. 鶏肩肉の炊き込みご飯

肩肉は炊き込みご飯にしてもおいしい食材です。こちらのレシピではオイスターソースや紹興酒などたくさんの調味料を使い、奥深い中華風の味付けになっています。白米にもち麦を混ぜてプチプチっとした食感も楽しめますよ。中華の味ともち麦効果で腹持ちもよく、これひと品で満足できるご飯ものです。冷めてもおいしいので、お弁当にもどうぞ!

9. 酒粕入り豆乳あったかうどん

豆乳ベースのあごだしに酒粕を溶かして体の芯から温まる栄養満点のうどんです。しっかりと煮込んだ野菜の間に鶏肩肉のコリコリとした歯ごたえを楽しんでいただけます。鶏の肩肉は噛めば噛むほどおいしさが内側から出て来るので、うどんの合間に具材をたっぷりと楽しんでください。寒い季節、いつものうどんに飽きたら豆乳でまろやか、ガーリックも入って元気が出るこちらのレシピをぜひお試しください!

安くておいしい救世主♪

鶏肩肉は揚げ物、煮物、炒め物など様々なお料理に使うことができます。しかも、もも肉よりも安価で入手できる食材です。少し歯ごたえのあるのが特徴ですが、脂身が少なくヘルシーに鶏料理を楽しみたい方にもおすすめ!胸肉よりはジューシーですので、男性やお子様にもしっかり満足していただけますよ!家族みんながおなかいっぱいになり、家計にも優しい鶏肩肉レシピでおいしく節約してください。
鶏肉を使ったレシピはこちらも参考にしてください!

特集

FEATURE CONTENTS