「牛レバー」の活用レシピ15選!炒め物も揚げ物もおまかせ♪

レバーときくと臭みが強くて、苦手意識を持つ方も少なくないのではないでしょうか。しかし、しっかりと下処理をしたり色々なアレンジで調理したりすると、また違ったおいしさを楽しむことができます。そんな牛レバーについて紹介します。

2018年1月4日 更新

3. レモン風味の塩レバー炒め

食べやすいポイントはレバーの切り方。千切りにすると、あの独特のモソモソした食感が消え、臭みもとれやすいです。味付けは甘辛など、少し手のこんだものではなく、シンプルに塩味にすることによって、レバーそのものをより堪能することができますよ。

4. 醤油麹できんぴらレバー炒め

牛レバーと根菜を、きんぴら風に仕上げたひと品。醤油麹が効いた濃い目の味付けなので、ご飯のおともにぴったりです。レバー、牛蒡、にんじんなどどの食材も噛めば噛むほど旨みを感じられるので、しっかりよく噛んで食べましょう。

5. カレー粉でレバニラ炒め

いつものレバニラ炒にひと工夫!プチトマトとカレー粉を加えてみましょう。酸味とスパイスがきいていて、鶏レバーでも、豚レバーでもどんなレバーでも合わせやすいレシピになっています。

メインおかずに♪揚げ物レシピ5選

6. 牛レバーカツ

デパ地下の、お惣菜屋さんの味を再現。甘めのソースがポイントになっています。レバーにしっかりと下味をつけてから調理するので、冷めてもおいしい柔らかレバーカツに!小さめカットにして、お弁当に入れてもいいですね。

7. 牛レバーのカレー風味揚げ

カレーの風味が食欲をそそります。ただ揚げるだけだと牛レバーのくさみがとりきれていないこともありますが、こちらの調理法ならしっかりとくさみを取ることができますよ。牛レバーが苦手という方にも食べやすい仕上がりになっています。食べ応えも抜群♪

8. 牛レバーの竜田揚げ

下処理と下味をしっかりつけることによって、クセのなく食べやすい牛レバーの料理になります。タレを一緒にしてももちろんおいしいのですが、別にするとよりサクサクな竜田揚げを楽しむことができます。野菜も一緒にたっぷり摂取しちゃいましょう。

特集

FEATURE CONTENTS