5. すき焼き風の芋煮鍋

今まで紹介してきたのは汁物として食べるレシピばかりでしたが、コチラはおかずとしても楽しめる鍋タイプ。すき焼き風の濃い目な味付けになっています。おだしのきいた甘辛味は、ついついごはんやお酒が進んでしまいますよね。お肉は贅沢に牛と豚の両方を使い、お芋も里芋とじゃがいもの2種類を入れています。

味噌味も絶品!宮城県流~新感覚の芋煮レシピ5選

6. 芋煮

里芋と野菜、肉と食べごたえがありそうなのに、ねぎ、きのこまで入れて、とってもボリューミーに。お砂糖を入れて甘く仕上げているので、ぐんとまろやかな味わいになっています。

7. 芋煮鍋

体の中からポカポカ温かくなってきそうな、鍋仕立てのレシピです。味付けは味噌とおだしだけでシンプルに。具材の種類も里芋・ねぎ・しめじ・豚肉・こんにゃくの5つで、そんなに多くありません。いつでも冷蔵庫の中に入っているような食材で作れると、何かと助かりますよね。

8. 白味噌仕立ての芋煮

味噌味の芋煮といえば豚肉を使うイメージですが、牛肉だって相性抜群。コチラのレシピでは圧力鍋で火を通すことにより、固い根菜類やお肉も短時間でやわらかくなるようにしています。お芋は里芋とさつま芋のダブル使い。トロトロの里芋とホクホクの甘いさつま芋で、お腹を満たしましょう♪

9. きのこたっぷり♪ 宮城風芋煮

たっぷりのきのこと根菜、豚肉を具材に、味噌で仕立てた宮城風芋煮のレシピです。野菜の甘みときのこのの旨味、豚肉のコクが溶け込んだ、しみじみと深い味わいが楽しめますよ。里芋を煮るときに、少量の味噌を入れておくことで、吹きこぼれを防げるのだとか。ぜひ、お試しあれ!

10. 蔵王塩芋煮

宮城県と山形県の県境に位置する蔵王には、特産品である鴨や塩麹を使った、変わり種の芋煮があります。スッキリとした塩味がベースなので、仕上げのしょうゆを入れすぎないよう気を付けてくださいね。ハーブとごま油が、香りのアクセント。鴨が手に入らなければ、鶏もも肉でもおいしく作ることができますよ。

特集

FEATURE CONTENTS