さくらんぼを冷凍保存する方法(日持ち:1ヶ月)

基本の保存方法

さくらんぼを冷凍保存する場合、サッと水洗いしてキッチンペーパーでやさしく拭きます。さくらんぼを洗うときは、水を入れたボウルを用意し、軽くくぐらせる程度でOK。長く水に浸すと、旨味や甘味が薄れるので注意してください。

冷凍用ジッパー袋に入れて空気を抜いて密封し、冷凍庫へ入れましょう。1ヶ月保存可能。ジャムやケーキ作りに使う予定なら、軸や種を取り除いてから冷凍しておくと便利ですよ。

解凍後の食べ方

冷凍保存したさくらんぼを食べるときは、3分ほど常温において自然解凍します。しゃりしゃりとシャーベット状態で食べるとおいしいですよ。完全に解凍してしまうと、変色するうえ、ぐにゃっとして食感が悪くなるため注意しましょう。

解凍後の食べ方として、そのまま食べる以外に、凍ったままスムージーやアイスクリームにしたり、ジャムやコンポートにしたり、ケーキやタルトに焼き込んだりと使い道がいろいろあります。チーズケーキやパウンドケーキと相性抜群ですよ。

カルピス漬けにする方法

さくらんぼの冷凍保存方法には、カルピス漬けにする方法もあります。さくらんぼをサッと洗ってから、軸を取り、冷凍用ジッパー袋に入れてカルピス原液を注ぎましょう。口をしっかり閉じて冷凍庫へ入れます。1ヶ月ほど保存可能

食べるときは、カップにカルピス漬けのさくらんぼを取り、水や炭酸水で割ったり、そのままシャーベットのように楽しんだりしましょう。カルピスは冷凍してもカチカチに固まらないため、取り出しやすいですよ。

缶詰のさくらんぼの保存方法

冷蔵保存する方法(日持ち:2〜3日)

缶詰のさくらんぼは、開封したら缶からシロップと共に別の保存容器に移します。蓋をして冷蔵庫で保存しましょう。2〜3日保存可能。保存料が使われないものは、季節によって痛みやすいため、なるべく早めに食べ切るのがおすすめです。また、缶のまま保存すると、内側の金属が溶け出て品質が低下し味が悪くなるので、必ず缶から出すようにしてください。

冷凍保存する方法(日持ち:2週間)

缶詰のさくらんぼを、より長く保存したいなら、冷凍がおすすめ。シロップとさくらんぼを分けたら、間隔を空けてラップに並べ、ぴったりと包んでくるくる巻きます。冷凍用ジッパー袋に入れて空気を抜き、密封して冷凍庫へ入れましょう。冷凍庫で2週間保存可能。

半解凍してシャーベットのように食べたり、軸や種を外してスムージーに入れたりするとよいですよ。完全に解凍すると水っぽく食感が悪くなるので、気をつけてくださいね。

大量消費にも!さくらんぼを使うレシピ3選

1. ジューシー。さくらんぼのコンポート

さくらんぼは日持ちしません。たくさん手に入ったときや食べきれない場合は、ぜひコンポートにしてみてください。さくらんぼの鮮やかな色や香り、ジューシーさを存分に楽しめます。10分ほどで完成するので、手軽に作れますよ。

編集部のおすすめ