ウォッシュチーズをおいしく食べたい方必見!種類についても解説します♪

数あるチーズの中でも、通好みといわれるウォッシュチーズ。強い個性を持ったチーズですが、味わいはマイルドで、産地によって異なる風味を楽しめます。一度ハマるとついついクセになってしまいますよ。この記事では種類やおいしい食べ方をご紹介します♪

ウォッシュチーズってどんなチーズ?

世界中に1,000種以上あるというチーズ。たくさんあるチーズは、ナチュラルチーズとプロセスチーズに分類され、さらに細かく分類されています。

ウォッシュチーズは、ナチュラルチーズに分類される軟質のチーズです。ウォッシュという名の通り、チーズの外皮を塩水や酒で洗い、外皮についている菌を熟成させます。賞味期限は製造後(輸入年月日から)1~2ヶ月。乾燥しやすく、乾燥が進むと外皮にひびが入るため、開封してから2週間前後で食べきるのがおすすめです。

特徴は強烈な匂い!

通好みのチーズ

ウォッシュチーズの最大の特徴は強烈な匂いです!匂いのもとは、チーズの外皮についている分解力の強い菌。熟成中に菌の量を調整するため、チーズは何度も洗われます。洗う際にはブランデー・ビール・ワインなど土地の地酒が使われるため、チーズによって風味が異なることも特徴のひとつです。

熟成が進むにつれて匂いは強くなりますが、外皮を取ってしまうと中はさほどクセがなく、しっとりクリーミーでコクがあります。おいしいチーズなのですが、とにかく匂いが!という方も多く、初心者向けというよりは、チーズ通向けのチーズをいわれています。

匂いの原因「リネンス菌」って?

強烈な匂いの原因は、使用されているリネンス菌にあります。リネンス菌は、枯草菌(こそうきん)の一種で、空気中にも存在している常在細菌のひとつです。

ウォッシュチーズの匂いをかいで、何かと似ているような……と思った方もいらっしゃるかも知れません。リネンス菌は納豆の匂いとよく似ているのです。大豆を納豆菌で発酵させて作る納豆ですが、納豆菌も枯草菌の一種。納豆の匂いを思い浮かべると、ウォッシュチーズがどのような匂いなのか見当がつきやすいかも知れません。

よく外国の方は納豆の匂いが苦手、という話を聞きますが、ウォッシュチーズの匂いは苦手、とする外国の方も多いようです。日本人は納豆の匂いに慣れている人が多いので、ウォッシュチーズに慣れるのも早い、という説もあります。

ウォッシュチーズの種類

ウォッシュチーズの種類もさまざまですが、その中でもよく知られているものをご紹介します。

エポワス

美食家のブリア=サヴァランから「チーズの王」といわれたエポワス。塩水とマールという地酒で洗われ熟成されるチーズは、フランス・ブルゴーニュ地方のエポワス村で作られました。16世紀には作られていたといわれ、美食家のナポレオンも好んだチーズといわれています。シワのある外皮の中は、スプーンですくえるほどトロトロのチーズがたっぷり詰まっています。

ポン・レベック

カマンベールやリヴァロと並ぶ、ノルマンディの三大チーズのひとつがポン・レベックです。12世紀に修道院で作られていたと伝えられており、ノルマンディ地方で最も古いチーズといわれています。塩水で洗われますが、塩味や風味がウォッシュチーズの中でも控えめです。外皮はかためですが、中はもちもちと弾力があります。

モン・ドール

生産されるのが8月15日~3月15日まで。販売期間も9月10日~翌年5月10日までとなっている、期間限定のチーズです。フランスとスイスの国境近くのジュラ山脈周辺地域で作られており、フランス産の「モン・ドール」とスイス産の「ヴァシュラン・モン・ドール」があります。

たいへんやわらかいため、モミの樹皮で囲み、さらにモミの木箱に入れられます。スプーンですくって食べてもおいしくいただけますが、クラッカーやバゲッドにつける方法もおすすめです。

ラングル

見てすぐにわかる特徴を持っているのがラングルです。チーズ全面にシワがあり、てっぺんには窪みが。この窪みは、泉(fonteine=フォンテーヌ)と呼ばれており、通はこの窪みに少量のマール・ド・シャンパンやマール・ド・ブルゴーニュを注ぎ味わうようです。塩味は少々強めですが、まろやかでとろけるような味わいを楽しめます。

リヴァロ

ノルマンディの三大チーズのひとつでもあるリヴァロの側面には、型くずれを防ぐため、帯が5本巻かれています。陸軍の階級章で5本は大佐となるため「大佐 (colonel)」の愛称も。食べやすいチーズですが、匂いが大変強いチーズです。匂いが気になる場合は、外皮をとっていただきましょう。

ショーム

ベルギーのリンバーガーというチーズに似せて作られたショームは、ウォッシュチーズの中でも食べやすいといわれています。もちもちしてクリーミー。マイルドな味わいのチーズなので、そのまま食べるだけでなくバゲットにつけたり、料理の材料としても使われることもあるようです。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS