ウォッシュチーズをおいしく食べたい方必見!種類についても解説します♪

数あるチーズの中でも、通好みといわれるウォッシュチーズ。強い個性を持ったチーズですが、味わいはマイルドで、産地によって異なる風味を楽しめます。一度ハマるとついついクセになってしまいますよ。この記事では種類やおいしい食べ方をご紹介します♪

2018年4月26日 更新

ウォッシュチーズによく合うお酒

ワインによく合うといわれているウォッシュチーズですが、特に赤ワインが合う、といわれています。チーズの個性が強いため、強さや濃いめの赤ワインがよいとされていますが、強い個性を持った白ワインもおすすめです。チーズと同じ産地のワインを合わせるのも、おしゃれで楽しい味わい方ですね。 また、チーズを洗ったお酒と同じ種類のお酒との相性も抜群です。どんなお酒でチーズを洗ったのか包装に明記してあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

中身のみ味わってもOK!

おいしいけれど、どうしても匂いが……という方は、外皮をとって味わってみてはいかがでしょう。匂いだけでなく、ウォッシュチーズによっては外皮の塩味が強いものもあるので、食べても食べなくてもOKです。 一皮むけばとろとろのウオッシュチーズ。そのまま食べるのがおすすめとされていますが、風味豊かなチーズは、セロリなどの野菜やキウィなどの果物につけてもおいしくいただけます。全粒粉のパンにもよく合います。おいしく食べるためには、食べる30分ほど前に冷蔵庫から出しましょう。

ハマるとクセになるウォッシュチーズ

ハマるとクセになるといわれるウォッシュチーズ、いかがでしたでしょうか。強い匂いを持つ個性的なチーズですが、味はマイルド。世界の美食家から賞賛を得ているチーズです。 食べやすいとされるものもありますので、いろいろチャレンジしてみてはいかがでしょうか。匂いが苦手という方は外皮をとり、世界各国・各地の味を楽しんでみてください。
▼チーズと一緒にいかがでしょうか♪
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS