大容量なのに低価格!コスパ抜群なコストコのチーズを徹底調査!

アメリカの大型スーパーコストコ。倉庫風の広々とした店内とアメリカンサイズの商品が人気のお店です。コストコの商品の中でも種類豊富なチーズは、日本ではあまり馴染の薄い名前のものが多く、気にはなる人も多いはず。そんなコストコのチーズをご紹介します

コストコで販売されるチーズの仕組み

コストコに陳列されているチーズは数十種類。日本のスーパーでもよく見かけるものから、何と読むのかわからない名前のものまで幅広く用意されています。チーズ好きにはたまらないサイズ感のあるものや、食べやすく小分けにされたものなどニーズにあった商品が揃っているのも魅力の1つです。

コストコにはプライベートブランドの「カークランドシグネチャー」がありますが、こちらのチーズは輸入チーズや国産チーズとは別に設置してある店舗もあるのでお見逃しなく!コストコのチーズの中でも人気の高いチーズをセレクトしてご紹介しましょう。

黄色とオレンジ色のマーブル模様が特徴「コルビージャックチーズ」

お値段と量はどのくらい?

プライベートブランドのカークランドシグネチャーが作るコルビージャックチーズは、907g入りのものが1,000円前後で販売されています。日本で売られているスライスチーズは1袋約130gほどで、約350円前後です。100gあたりで比べてみると、コストコのコルビージャックチーズの方がかなりお得だとわかりますね!

コルビージャックチーズはどんな味?

アメリカでは定番の黄色とオレンジ色のマーブル模様が印象的なコルビージャックチーズ。くせのないしっとりとした黄色のモントレージャックチーズと、コクのある濃いオレンジ色のコルビージャックチーズがミックスされています。

野菜との相性がよく、サンドイッチにして食べるとコルビージャックチーズがより引き立っておいしく食べられるのでおすすめですよ。加熱してトロトロ食感を楽しむのもよし、冷めて固まった状態を食べてもよし。さまざまな方法で食べやすいチーズです。

アメリカでは定番の味「モントレージャックチーズ」

お値段と量はどのくらい?

プライベートブランドのカークランドシグネチャーが作るモントレージャックチーズは、907g入りで1,000円前後で販売されています。コルビージャックチーズ同様、コスパの良い商品です。

モントレージャックチーズはどんな味?

こちらもアメリカではよく食べられるチーズのひとつで、ホワイトぎみのクリーム色をしています。数多く存在するアメリカンチーズのベースとも言われるモントレージャックチーズは、ほどよい弾力になめらかな舌触りが特徴的。

コストコでは、プライベートブランドのカークランドシグネチャー版のモントレージャックチーズの他に、アメリカでは有名なチーズメーカー ティラムック版モントレージャックチーズも販売されています。

スライスタイプが人気「ムンステールチーズ」

お値段と量はどのくらい?

輸入チーズコーナーにあるチーズメーカーフィンランディア社の ムンステールスライスチーズは、907gで1,000円前後で販売されています。あらかじめ1枚ずつスライスされたチーズが15枚でひとまとまりになっており、2列入っているので全部で30枚のムンステールスライスチーズが1パックに入っています。使いやすく、ジップ式のパッケージのため保存にも便利です。

ムンステールチーズはどんな味?

日本のスライスチーズよりも厚みがあり、1枚30g程度あるためボリュミー。スライスされたチーズは一枚ずつシートが挟んであるので扱いやすく、冷凍保存も可能です。

パッケージを開くとチーズの側面に赤いしま模様があり驚く人も多いようですが、これは植物由来の色素なので心配ないようです。塩分が控えめで、チーズ特有の臭いも少なく食べやすい味わいです。焼くとすぐに溶けだし、モチっとした食感を楽しめます。

初心者向けな青カビ系チーズ「ブレスブルー」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう