ねぎはあらかじめ焼く

ねぎは、焼き色がつく程度にあらかじめ焼いておきましょう。香ばしさが出るのはもちろん、ねぎの甘さもアップして、よりおいしく仕上がります!

まぐろは煮すぎないように

まぐろは煮すぎると固くなってしまいます。一度にたくさんの量をお鍋に入れるのではなく、少しずつ煮ながらいただきましょう。また、まぐろが薄すぎると煮崩れしてしまうので、厚めにカットするのもポイントです!

最後まで楽しむ!ねぎま鍋におすすめのしめ3選

1. 濃いめのつゆにはお蕎麦がぴったり!

普通のお鍋よりも濃いめの味付けが特徴のねぎま鍋は、お蕎麦で締めるのがおすすめです。とろろを加えて山かけ蕎麦にするのもいいですね!お鍋のしめにお蕎麦を入れるのは珍しいですが、ねぎま鍋ならではなので、ぜひ試してみてください♪

2. しめの定番!うどんもおすすめ

お鍋のしめといえば、うどん。お鍋のつゆは濃いめなので、少し薄めるのがポイントです。薄めた煮汁にうどんを加えて煮込みましょう。お好みで七味唐辛子や柚子胡椒をかければ、味変にもなって最後までおいしくいただけます♪

3. 溶き卵を加えて雑炊に!

ご飯と溶き卵を加えて、雑炊にするのもおすすめ!溶き卵でつゆの旨味をぎゅっと閉じ込めましょう♪ まぐろの味わいが凝縮されたつゆを、お米がよく吸って、とてもおいしく仕上がりますよ。甘みがある濃い味のつゆを一層味わえるので、ぜひ作ってみてください。

冬はねぎま鍋で決まり!

Photo by macaroni

まぐろの旨味とねぎの甘みが特徴のねぎま鍋。まぐろは、どの部位を使用してもかまいませんが、脂がのっているものを選ぶのがポイントです。脂が溶け出して旨味がアップしますよ。 作り方はとても簡単なので、これまでねぎま鍋を知らなかったという方も、ぜひ挑戦してみてください!しめもお蕎麦やうどん、雑炊などいろいろなアレンジを楽しんでくださいね♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS