4. かつおに調味液をかける。

Photo by TAMA39

よく冷ましたタレを、かつおがまんべんなく浸かるようにかけます。合わせたあとは、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

Photo by TAMA39

5. 冷蔵庫で30分~1時間ほど漬けます。お好みで浅漬けにしたり、ひと晩漬けてもおいしいですよ。

5. 盛り付ける。

Photo by TAMA39

6. お好みでみょうが、わけぎ、シソ、ゴマなどの薬味を、たっぷりとのせていただきます。

日持ちはいつまで?漬けかつおの保存方法

かつおの漬けは、タレに漬けた状態のまま冷蔵庫で保存するのがおすすめです。密閉袋にタレごと入れ、空気を抜いて保存しましょう。ただし、その状態でしばらく置いておく場合は、かつおの味が濃くなりすぎることがありますので、タレをすこし薄めにしてくださいね。

保存期間

漬けの状態であるとはいっても、生であることは変わりありません。タレにつけて冷蔵庫に入れ、3〜4日の間には食べきるようにしましょう。過ぎてしまった場合は、加熱してから食べるなどの処置をしてください。

かつおは漬け丼がよりおいしい!

タレに漬け込んだかつおは、漬け丼にして食べるのがおすすめ!ごはんにもタレが絡んで、お箸がすすみます。薬味をたっぷりかけて、お店のような盛り付けでサーブするのがおすすめ。かつおは漬け時間が短くて済むので、忙しいときのメニューにもぴったりです。

サラッと食べたいならお茶漬け

さっぱりといただきたいならお茶漬けがおすすめです。受験生のお夜食や、お酒のあとのしめにもぴったりですよ。出汁の香りが、より食欲をそそります。ひと晩漬けて味が染み込んだ漬けかつおを使うのがおすすめですよ。のりやネギ、大葉などの薬味はお好みでたっぷりかけて、できあがりです。

編集部のおすすめ