かつおは漬け丼がよりおいしい!

タレに漬け込んだかつおを、酢飯の上にのせたひと品。漬け込みダレも一緒に、ご飯にかけていただきます。漬けかつおを事前に用意しておけば、時間のないときにもサッと作れるのでとっても便利です。 のりや薬味を散らせば、見た目も鮮やか、お店で食べるような丼に仕上がりますよ。

サラッと食べたいならお茶漬け

受験生のお夜食や、お酒のあとのしめにぴったりなお茶漬け。かつおの香りが、より食欲をそそります。ひと晩漬けて味が染み込んだ漬けかつおを、温かいご飯にのせ、熱いお茶かお湯を注いでいただきます。 出汁を注げば、より本格的な味わいに。のりやネギ、大葉などの薬味はお好みでたっぷりかけて、できあがりです。

おつまみなら漬け焼き

1時間以上たっぷりとタレに漬けたかつおを、焼いていただきます。生で食べるよりも香ばしく、かつおの風味が引き立ちますよ。焼き方は軽く炙る程度でも、しっかりと火を通しても、お好みで調節してください。 レアが好きな方は、丸ごと焼いて食べる前にカット。しっかり派は、カットしてからフライパンやグリルで焼きます。生モノが苦手な方にもおすすめです。
▼こんな食べ方もチェック♪

どれが好き?タレのアレンジ3選

1. めんつゆタレ

万能で使えるめんつゆは、ダシなどの調味料が入っているのでそれだけでもおいしい優れもの。料亭の味に近づけたいなら、めんつゆを使ったタレが断然おすすめです。時間がないときなど、醤油の代わりにも◎

材料(2人分)

・めんつゆ……大さじ3杯 ・醤油……大さじ1杯 ・みりん……大さじ2杯

作り方

1. 材料を混ぜ合わせる。 2. 火にかけ、アルコールを飛ばす。 3. 粗熱が取れたら完成。

特集

FEATURE CONTENTS