皮と種どうしてる?ぶどうの上手な冷凍保存方法&賞味期限

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることができます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際には、ぜひ試してみてくださいね。

2018年3月2日 更新

ぶどうの冷凍方法

大粒のぶどう(巨峰・マスカットなど)

1. ぶどうを房から外して粒ごとにばらしておきます。房から外す際は、枝をわずかに残しておきましょう。
2. 粒を洗います。
3. キッチンペーパーなどで、水分をしっかり拭き取ります。
4. 密閉袋やフリーザーバッグに入れて、しっかり閉じて冷凍します。

小粒のぶどう(デラウェアなど)

1. 房のまま、さっと全体を洗います。
2. キッチンペーパーなどで、水分をしっかり拭き取ります。
3. 房のままラップやポリ袋に入れ、冷凍庫へ入れます。ひと房ずつ保存するのがポイントです。

冷凍する方法

皮をむかずに冷凍することができますが、皮を剥いた状態で冷凍すれば、凍ったぶどうの粒をそのままいただくことができます。また、ぶどうは凍らせると皮が剥きやすくなりますよ◎

皮を剥いてから冷凍した場合の、上手な皮の剥き方をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

爪楊枝を使って剥く

爪楊枝を使う場合は、マスカットや巨峰などの大粒のぶどうがおすすめです。生のぶどうの皮を剥く際は、枝がついていないほうから剥くときれいに仕上がります。

枝とは逆のお尻に爪楊枝などで切れ目を入れてから剥きましょう。

湯剥きする

大粒の巨峰やマスカットを剥く際におすすめです。ぶどうは粒にばらして洗っておきます。 たっぷりお湯を沸かしぶどうを入れたら、20秒ほどでざるに上げ、流水にしばらくさらしましょう。皮がするっと剥けるようになりますよ◎

冷凍するときは、粗熱がとれたことを確認できてからにしましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう