ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

【小粒】ぶどうの保存方法

Photo by 稲吉永恵

デラウェアやナイアガラなどの小粒ぶどうは、実が密集して付いています。果汁が多く皮がやわらかい品種が多いため、傷付けないように房のまま保存しましょう。

小粒ぶどうの最適保存温度は5〜10度なので、常温保存は向きません。特にデラウェアは実がやわらかいため、冷蔵庫や冷凍庫で保存してください。

冷蔵で1週間保存

Photo by 稲吉永恵

小粒ぶどうは、房ごと冷蔵保存しましょう。特にデラウェアは、実が外れやすく皮がやわらかいので、丁寧に保存してください。皮の表面に付く「ブルーム」という白い粉は、病原菌から身を守ったり鮮度を保ったりする役割があります。ぶどうを冷蔵保存する際は、ブルームが落ちないように、洗わないことがポイント。

傷んでいる実や外れそうな実は取り除き、やわらかいキッチンペーパーやくしゃくしゃにした新聞紙などで包んでから、保存容器やポリ袋に入れて保存しましょう。衝撃に弱いので、ほかの野菜と一緒に保存する場合は容器に入れると安心です。

【保存方法】
1. 小粒ぶどうは洗わずに、キッチンペーパーで包む。(写真1,2)
2. 保存容器に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存する。(写真3,4)

冷凍で1ヶ月保存

Photo by 稲吉永恵

そのまま食べられるように、洗ってから冷凍保存しましょう。デラウェアはやわらかく繊細なため、流水を直接実に当てるのではなく、軸に当てて洗ってください。

房が重ならないようにフリーザーバックに入れて、冷凍保存します。凍ったまま、皮ごと食べられますよ。皮をむく場合は、冷凍庫から出して少しすればつるんと皮がむけます。

【保存方法】
1. ぶどうは流水で洗い、キッチンペーパーで包むようにして拭く。(写真1)
2. ひと房ごとラップで包む。(写真2)
3. フリーザーバッグに入れて、冷凍庫で保存する。(写真3)
4. ステンレス製バットにのせて冷凍すると、急速冷凍が可能。(写真4)

【大粒】ぶどうの保存方法

Photo by 稲吉永恵

巨峰やピオーネなどの大粒ぶどうも、あまり日持ちはしません。房のままの場合、できるだけ2〜3日で食べ切りたいです。みずみずしさを楽しみたいなら、手間がかかりますがひと粒ずつカットしましょう。特に巨峰は、軸から実が外れやすいため、ひと粒ずつバラバラにして保存するのがおすすめです。

冷蔵で2~3日保存

Photo by 稲吉永恵

丸ごと保存したい場合や、2~3日以内に食べる場合は、洗わずにキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。

【保存方法】
大粒ぶどうをキッチンペーパーで包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存する。

冷蔵で1週間保存

Photo by 稲吉永恵

2~3日以上保存する場合や鮮度を保ちたい場合は、実のほうに軸を5mm程度残してカットし、ひと粒ずつバラバラにしてから保存しましょう。

手で引っ張って切り離すと、皮が裂けたり果実に傷が付いたりしてしまいます。ハサミでカットすると、果汁が漏れたり枝に水分を取られたりせず、おいしさや鮮度をキープできますよ。ブルームを落とさないように、洗うのは避けましょう。

【保存方法】
1. ハサミで軸をカットし、実をひと粒ずつ切り離す。(写真1)
2. キッチンペーパーを敷いた保存容器に並べる。(写真2)
3. キッチンペーパーをかぶせ蓋をして、冷蔵庫の野菜室に入れる。(写真3)

編集部のおすすめ