合う具材も伝授!「えのきの味噌汁」の人気レシピ10選

えのきは、しいたけやナメコと並んで味噌汁によく使われるきのこです。その味や香りが魅力的ですね。今回は、えのきと相性の良い具材を使った、人気のレシピをご紹介いたします。調理のポイントなども併せて解説いたしますね。

2018年11月30日 更新

4. えのきと白菜のしょうが味噌汁

栽培物が増えたとは言え、きのこの旬は秋。そして、寒さが深まるにつれて甘みとうま味が増えてゆくのが、白菜です。茎の部分のサックリとした歯応えと、葉の部分のやわらかで草っぽい香りが楽しめます。

えのきも白菜も、お味噌との相性が抜群ですね。漬物も結構ですが、お味噌汁は身体が温まるので女性におすすめです。

5. 大根とえのきの味噌汁

玉ねぎや白菜と同様に、大根もじっくりと加熱することで自然な甘みが湧き出します。それがお味噌の塩辛さを抑えます。

野菜としてはトップクラスの大きさを誇る大根は、素朴な大地の香り。煮過ぎるとドロドロになってしまいますので、シャッキリとした歯応えが残るくらいで火を止めましょう。

6. えのきとわかめの味噌汁

わかめも、お味噌汁の大定番の具ですね。かつお節や煮干しなどのダシに、同じ海産物であるわかめは好相性。

山の物と海の物の組み合わせは、栄養素を補い合って身体にも良いですね。ビタミン・ミネラル・食物繊維と美肌要素がたっぷりです。おいしく食べて、味噌汁美人になりましょう!

7. えのきと油揚げの味噌汁

お野菜だけでなく、少し食べ応えのある具が欲しいときに重宝するのが油揚げです。油物ではありますが、素材は大豆なので、油抜きをすればヘルシーです。そのひと手間さえ惜しまなければ、具を刻んで煮込むだけの簡単調理。

お料理の初心者にも、失敗が少ない具材です。にんじんや大根などを加えても◎

8. じゃがいもとキノコの味噌汁

寒さが深まると、ホクホクとしたじゃがいもが食べたくなりますね。今やすっかり日本の家庭でにも定着したじゃがいもですが、原産は南米アンデス山脈の高地と言われます。

寒冷地に適したじゃがいもは、北海道が生産量の約8割を占めます。煮ても焼いても油で揚げてもおいしい万能選手です。

9. 小松菜とえのきの味噌汁

小松菜は江戸川区の小松川にその名を由来し、現在でも都内で盛んに栽培されています。シャキシャキとした茎の歯応えと、美しい緑色がえのきとコントラストを映します。

白菜やじゃがいもなどの同系色の野菜と異なり、見た目も食欲をそそりますね。ごま油で炒めてもおいしいですよ。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう