【副菜】キノコと根菜の炒めもの

バター醤油でコッテリと味付けすることで、食べ応えのあるボリューム感に。口の中でじゅわっと溶けるキノコが、お肉の代わりになります。 湯豆腐、イカ納豆、野菜の炒め物の3つの献立で、栄養バランスはバッチリ!トッピングにスライスアーモンドを加えると、風味が豊かになりワンランク上の仕上がりになりますよ。

3. カレーあん湯豆腐に合う献立レシピ

【湯豆腐】カレーあんの湯豆腐

ひき肉入りのカレーあんで作る、とっても珍しい湯豆腐アレンジ。市販のルーではなく、麺つゆとカレー粉を混ぜて、和風のカレーあんを作るのがポイントなんですよ。 ご飯の上にかけたり、うどんや蕎麦を用意して付け麺のようにして食べてもGood!湯豆腐を、ボリューミーなメインとして使いたいときにおすすめです。

【副菜】牛肉入り根菜のきんぴら

カロリーはおさえたいけど、ガッツリボリュームのある献立を作りたい!というときは、カレーあんの湯豆腐に合わせて牛肉入りのきんぴらを。 牛肉だけでなく食物繊維たっぷりの根菜が入っているので、見た目よりも食べ応えのあるひと品が作れます。コストをおさえたい方は、牛肉の代わりに豚肉を使って作ることもできますよ。
▼基本のきんぴらも作れるように◎

【副菜】ほうれん草のじゃこ和え

カレーあんの湯豆腐ときんぴらごぼうの、しっかり味付け2品が続いたので、最後はサッパリと食べられるレシピをチョイス。 さっとゆでたほうれん草と、フライパンで炒めたレンコン&チリメンジャコを、だし汁や醤油などの調味料で合わせてできあがり。チリメンジャコからおいしいダシがでて、上品な味に仕上がります。

4. 豆乳湯豆腐に合う献立レシピ

【湯豆腐】豆乳湯豆腐

豆乳とだし汁をあわせたスープに、豆腐を入れて楽しむ「豆乳湯豆腐」。グツグツと温めていると、表面に湯葉が作れるんですよ。 フライパンで炒ったゴマや、刻みねぎなどの薬味を作り、お好みで醤油を少しかけて召し上がれ!残ったダシは雑炊にしたり、翌日スープとして楽しむのもおすすめです。

【副菜】油揚げの肉詰め

ボリューミーなのにとっても簡単に作れる、油揚げの肉詰め。鶏もも肉と玉ねぎを塩コショウで炒めたら、油揚げの中に詰めてトースターで焼いてできあがり! 中に入れる具材はレシピのものに限らず、ベーコンやハム、ウインナー、余りものの野菜など、冷蔵庫の中にあるものを上手に活用してみてくださいね。
▼こちらの肉詰め料理もチェック!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS