ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

ほっこり「湯豆腐」の作り方をマスターしよう

ほっこり和食を楽しみたいときや、胃が疲れているときにおすすめな「湯豆腐」。一般的に使われる薬味を加えても1人分約112kcalとヘルシーなので、カロリーを気にする女性や、ダイエット中の方にピッタリの料理です。 今回は、そんな湯豆腐の基本レシピや、おすすめのたれ、アレンジを加えた作り方をご紹介!メインや副菜にいろいろな使い方ができるので、ぜひ今日の献立に取り入れてみてくださいね。

だしまで絶品!湯豆腐の基本レシピ

Photo by donguri

基本の湯豆腐は、豆腐、昆布、水のたった3つの材料で作れます。たれや薬味によっていろいろな味を楽しむので、醤油や塩は入れず、昆布だしだけで火を通していくのがポイントです。 脇役になりがちな豆腐ですが、湯豆腐を作るときは、ぜひメインとして楽しんでみてください。

材料(2人分)

Photo by donguri

・絹豆腐 1丁 ・昆布  1枚(5×15cm) ・水   600ml

作り方

1. 鍋に水と昆布を入れ、30分ほど時間を置く。

Photo by donguri

2. 豆腐は食べやすいサイズに切る。6~10等分が目安。

Photo by donguri

3. 鍋に豆腐を入れ、弱火にかける。

Photo by donguri

4. お湯が沸いたら昆布を取り出してできあがり。

Photo by donguri

沸騰させないのがポイント!

昆布は、沸騰させるとエグみが出ます。豆腐も、加熱しすぎると固くなってしまいます。シンプルな料理こそ、ひとつひとつの工程を丁寧に調理していくことがとっても大切!早く作りたいから強火で加熱……ではなく、湯豆腐は弱火でじっくりと作ってくださいね。

レンジや昆布なしで!湯豆腐をさらに簡単に作る方法

レンジを使えば簡単

時短で湯豆腐を作りたい場合は、レンジを使った調理方法が便利です。耐熱容器につゆと豆腐を入れたら、2分ほど加熱してできあがり! こちらのレシピの場合そのままでもしっかり味がするので、薬味やたれをつけずにそのままおいしくいただけます。キノコやネギなどトッピングをのせる場合は、豆腐とは別にレンジで加熱し、あとから盛り付けてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS