【副菜】ナスとアボカドのグラタン

最後のひと品は、和と洋を合わせたアレンジレシピ。グラタンというと、ホワイトソースを作るのが大変なイメージがありますが、こちらはアボカドとナスの上にチーズをのせて焼くだけなので、とっても簡単に作ることができますよ! クリームを使わなくても、アボカドとナスでトロトロの食感に仕上がります。

7. ピリ辛湯豆腐に合う献立レシピ

【湯豆腐】ピリ辛湯豆腐

最後はお酒のおつまみにもピッタリな、韓国風の湯豆腐をご紹介します。豆板醤や生姜、ごま油で作るピリッと香ばしいタレに、パンチの効いたニラをトッピングするのがポイント!ガツンと食べ応えのある味なので、普通の湯豆腐では物足りない男性にもおすすめです。

【副菜】桜エビとワカメのチヂミ

湯豆腐の味にあわせて、韓国料理の定番チヂミを選んでみました。隠し味に干し桜エビを加えることで、風味がとっても豊かに! ニラや玉ねぎなどを使うのが一般的ですが、こちらはなんとワカメをチョイス。韓国風の湯豆腐と同じように、和と韓の両方をミックスしたアレンジレシピです。

【副菜】肉みそ大豆モヤシ

湯豆腐とチヂミではお肉を使ったレシピがないので、「肉みそ大豆モヤシ」を副菜にあわせましょう。ひき肉を使うのではなく、薄切りの豚肉を細かく切ることで、いつもより食べ応えのある肉みそに! お豆腐もモヤシも低価格で手に入る食材なので、節約したい日の献立に取り入れても良いですね。

湯豆腐の日の献立は迷わない!

良質なタンパク質が豊富に含まれている豆腐は、ヘルシーで美容や健康にも嬉しい食材。お鍋やお味噌汁などの脇役として使われることが多いですが、湯豆腐なら豆腐本来の味を存分に楽しむことができますよ。 タレを変えるだけで、湯豆腐のバリエーションは無限大!和食だけでなく、韓国やイタリアンなど、さまざまなバリエーションで献立を作ってみてくださいね。
▼湯豆腐をおいしく作る隠し調味料はこれ!
▼麻婆豆腐の献立も押さえておきたい◎
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS