重曹を入れるだけでプロの味!? 寒い冬はとろける湯豆腐であったまろう!

いよいよ寒くなってきたこれからの季節にもってこいの湯豆腐(レシピ付き)。ほ〜っと温まる湯豆腐にたった1手間加えるだけで、とろっとろのプロの味に!簡単で更にダイエットにも最適だから、試すしかない!!

みんな!カレーマンだよ!
秋もいよいよ終盤戦!
寒くなってくると、家では鍋を食べたくなるよね!

カレーマンは、ひとりでも鍋をつくってつついてるよ!
てことで今日は自宅でもうっかりプロの味。
トロっトロにとろける湯豆腐を紹介するよ!
いつもの湯豆腐にたった1アイテム加えるだけでふだんの湯豆腐が劇的に変化するよ!
とろける湯豆腐
【材料】2人前
(湯豆腐)
絹豆腐 1丁(300〜400g)
乾燥昆布 5cmくらい
油揚げ 2枚
水 500ml
重曹 5g

(つけだれ)2人前
めんつゆ 小さじ2
水(めんつゆの希釈) 小さじ4
醤油 小さじ2
ごま油 大さじ2
白ごま 大さじ2
小葱(万能葱) たくさん刻む!
※長葱のみじん切りでもOK

【つくりかた】
1.まずは鍋に水500mlを張って、出汁を取る昆布、大きめに切った豆腐と、油揚げを入れるよ!
最初からとろけてるようないい豆腐を買う必要はないよ!
ふつうの絹豆腐で!
油揚げは鍋に入れる前にキッチンペーパーに包んでレンジで1分加熱!
余分な油が抜けるよ!


2.蓋を閉めて点火!

沸騰させーる!
3.沸騰したら弱火にして、唯一の見慣れないアイテム、重曹を入れるよ!

重曹はスーパーのお菓子づくりグッズ売り場に売ってることが多いよ!
重曹は化学的には炭酸水素ナトリウムって呼ばれてる。

重炭酸ソーダ(曹達)とも言って、だから略して重曹。

NaHCO3だよ!
理系の人はこうふんしちゃうよね!
NaCl + H2O + NH3 + CO2 → NH4Cl + NaHCO3↓

ソルベー法でつくられてるよ!

受験生は要チェックや!
はー、カレーマンブログ勉強になるー!
きっちり5g(小さじ1)を計って入れて!

特集

SPECIAL CONTENTS