ライター : 堀口さやか

管理栄養士

食べることが大好きな管理栄養士です。大学卒業後はエステティックサロンで栄養指導をしていました。現在は施設で調理・栄養管理をしつつ、「健康においしい食」を多くの人に伝えるため…もっとみる

まずは定番。湯豆腐の基本レシピ

調理時間:10分(※だしを取る時間は除く)

昆布からだし汁を取る基本の湯豆腐です。味付けもシンプルなしょうゆベース。シンプルだからこそ、だしのうまみや豆腐の味が引き立ちおいしく食べられます。薬味のかつおぶしも入れれば、さらにだしの香りを堪能できますよ。

材料(1人分)

・絹豆腐……350g
・だし昆布……1枚(5cm角)
・水……600cc
・塩……ひとつまみ

〈タレ〉
a. 酒……大さじ1杯
a. みりん……大さじ2杯
a. しょうゆ……大さじ3杯(54g)

〈トッピング〉
・かつおぶし……5g

作り方

下ごしらえ

Photo by macaroni

・昆布を土鍋に入れて30分~1時間程度、水に浸けておく
・豆腐は水気をふき取り、9等分に切る

1. 豆腐を煮る

Photo by macaroni

昆布だしが入った土鍋に豆腐、塩を加えて中火で煮ていきます。鍋底から小さい泡がふつふつと出てきたくらいで昆布を取り出し、弱火で3〜5分ほど火にかけていきましょう。

2. タレを作る

Photo by macaroni

別鍋に調味料(a)を入れ火にかけて、みりんのアルコールを飛ばします。ひと煮立ちしたら、かつおぶしを加えて火を止めましょう。

3. 盛り付け

Photo by macaroni

お皿に温まった豆腐とタレを盛り付けてできあがり。お好みで小ねぎやしょうがをトッピングしてもおいしいですよ。

【レシピ提供 macaroni】
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ