3. 大根と舞茸の味噌汁

こちらは、舞茸と大根の組み合わせです。大根は半透明になるまでじっくり火を通してください。舞茸との食感の違いも堪能しましょう。大根の葉を捨てないで味噌汁の具材にすれば、彩りがよく歯ざわりも楽しめますよ。

4. キャベツと舞茸の味噌汁

舞茸とキャベツの甘味が合って、食感の違いも楽しめるサラダ感覚の味噌汁。舞茸とともにキャベツをじっくり煮込んでくださいね。ちょっと固めのキャベツは千切りにするといいでしょう。献立に野菜が足りないと思ったらぜひ作ってみてください。

5. 卵と舞茸の味噌汁

舞茸と卵でささっと作れるボリューミーな味噌汁です。味噌で味を調えてから、余熱で溶き卵をふっくらとさせてください。舞茸の旨味を上手に出して、煮汁をぐらぐらと煮詰めてしまわないようにしましょう。卵をそのまま落として半熟にしてもおいしくいただけます。

6. 玉ねぎとかぼちゃと舞茸の味噌汁

かぼちゃと舞茸という秋の味覚を代表する味噌汁です。ホクホクした食感のかぼちゃが手に入ったら、ぜひ作ってみたいひと品。舞茸は大ぶりに割いてかぼちゃとの食感を食べ比べるのも楽しいですよ。

7. 豚肉と舞茸の旨味たっぷり味噌汁

豚肉の旨味と舞茸から出るだしが、味噌汁の味をいっそう引き立ててくれるレシピです。ごま油で炒めることで風味も増し、コクと味わいが深いひと品に。豚肉は薄切りを食べやすい大きさに切って調理しましょう。味噌汁ですが、ごはんがすすみますよ!

8. たっぷりきのこの味噌汁

舞茸だけでなく、しいたけやしめじなどたくさんの種類のきのこを使う味噌汁をご紹介します。きのこの旨味や香りいっぱいで、ボリュームがありながらヘルシーなひと品に仕上がりますよ!このほかにも、なめこやエリンギなど好きなきのこをたっぷり入れて作ってくださいね。

編集部のおすすめ