タレに塩は入れない

「味が足らないかな?」と思って、タレに塩を加えるのは厳禁!タレの塩分が強いと、お肉に含まれている水分が外に出て、ジューシーさが損なわれてしまうことに……。 なので、タレの塩分にも気をつけると、よりおいしいチャーシューを作れるようになるでしょう。塩分の取り過ぎは身体にも悪いので、タレに塩を入れるのは控えましょう!

加圧時間は短めに

加圧時間は、長くても30分ほどと考えましょう。あまり長く加圧すると、圧がかかりすぎてお肉がパサパサになってしまいます。加圧時間を見極めるのも、おいしいチャーシューを作るポイントのひとつですね。 下茹でをしっかりとすれば、とろとろチャーシューへの道は近いので、圧力鍋にはほどほどに活躍してもらいましょう。

作ったチャーシューを活用!おすすめレシピ3選

1. チャーシューパスタ

Photo by suncatch

チャーシューとタレを使った和風ペペロンチーノです。バラ・肩ロース・もも、どのチャーシューでもおいしく作れますよ。 パスタを茹で、フライパンでオリーブ油、鷹の爪・にんにく・しめじ・斜め切りの白ネギを加えて炒めます。パスタの茹で汁少々と茹でたパスタ、ひと口大に切りタレをからめたチャーシューをフライパンに移して、全体を混ぜます。塩コショウ・タレ少々で味付けをして完成です。

2. チャーシューおにぎり

Photo by suncatch

タレを加えて混ぜご飯にした、自家製チャーシューのおにぎりです。大人も子供も満足の味とボリューム、余ったチャーシューの端っこで作れますよ。常温で食べるので、寒い時期は脂身の少ない部位を使いましょう。 1cm幅のチャーシュー2枚はサイコロ状にカットして、チャーシューのタレ大さじ2をからめます。コーン大さじ1・刻んだ大葉2枚と一緒に、茶碗2杯分の温かいご飯に混ぜます。ラップを使って、おにぎりに握ればできあがり。

3. チャーシューサラダ

Photo by suncatch

チャーシュー・もやし・きゅうりを使った、簡単なサラダです。チャーシューとマヨポン味で食べごたえ抜群、モリモリと野菜が食べれますよ。チャーシューは、さっぱり系の部位がおすすめです。 チャーシュー4枚ときゅうり1本は細切りに。もやし1袋はさっと茹でてザルに上げ、粗熱が冷めたら手で軽く搾り水気を取ります。ボウルにマヨネーズ・ポン酢各大さじ4杯、白ごま大さじ1を混ぜ、チャーシュー・きゅうり・もやしを和えれば完成。 ポン酢の代わりに、濃いめのチャーシューのタレとレモン汁に置き換えても◎

残った煮汁の活用方法

ゆで卵を味玉に

好みの固さのゆで卵を作り、煮汁と一緒に密閉袋などに入れて冷蔵庫でひと晩漬け込めば、チャーシューとの相性抜群の「味玉」が作れます。 チャーシューと一緒に盛り付けておつまみとして楽しんだり、チャーシュー丼の具材として利用したりと、チャーシュー同様の活躍ぶり!

編集部のおすすめ