まさに本場の味!「グリーンカレーペースト」を使った本格レシピ

カレーは多くの種類がありますが、女性に人気が高いのが「グリーンカレー」です。エスニック料理は慣れないと、ご自分で料理するのはハードルが高めですね。今回は、ペーストを使った簡単で本格的なレシピを、詳しくご紹介します。

2018年2月23日 更新

ナンプラーでタイの香りを

ココナッツミルクと並んでタイ料理に欠かせない調味料がナンプラーです。ナンプラーは日本の「しょっつる」と同様にお魚を発酵させた魚醤で、特有の香りが魅力の万能調味料です。 ナンプラーが入ると、グッとエスニック料理らしさが出ますね。製品によって塩分や風味の強さが違いますので、味見をしながら加えてください。

バジルは仕上げにトッピング

バジルも欠かせない香草のひとつです。イタリア料理でも「バジリコスパゲティ」に使われることでおなじみですね。 バジルは火が通りやすく、加熱し過ぎると香りが飛んで色も悪くなりますので、仕上げにトッピングすることがポイントです。
▼こぶみかんの葉も、タイ料理には必須!

人気のグリーンカレーペースト3選

1. シュリンプペースト入り「メープロイ グリーンカレーペースト」

ITEM

メープロイ グリーンカレーペースト 400g【輸入食品】

¥298 ※2017年09月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

青唐辛子を主原料にしたカレーペーストで、ココナッツミルクを入れて仕上げます。レモングラスやこぶみかんの皮、コリアンダーシードなど、エスニック特有のスパイスを使って香り豊かに仕上げています。シュリンプペーストも入っているので、コクのある深い味わいですよ。

2. 甘みも含んだ定番「クラシックタイ グリーンカレーペースト 」

ITEM

クラシックタイ グリーンカレーペースト 113g

¥321 ※2017年09月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

グリーンカレーの本場・タイで生産されている、輸出専用アイテムです。辛いだけでなく、ぺースト自体に玉ねぎによる甘みがあります。使われているガランガーは、東南アジア産の生姜で特有のクールな香りが特徴。 お肉や魚など、お好みの具材を使ってグリーンカレーをお作りください。

3. これは便利!「グリーンカレーペースト ココナツミルク入り 」

ITEM

ユウキ食品 グリーンカレーペースト ココナツミルク入り チューブ 100g【楽天24】[ユウキ食品 カレーペースト]【m

¥336 ※2017年09月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

国産で使いやすいチューブタイプです。しかもココナッツミルク入りなので、とても便利。グリーンカレーだけでなく、チャーハンや炒め物、麺類のスープにも使えますよ。 糖類と醸造酢も入っているので、エスニックらしい甘すっぱい味がこれだけで決まります。さすがは、業務用も手がける香辛料メーカーの製品ですね。

グリーンカレーのアレンジレシピ3選

1. 和風グリーンカレーうどん

スパイシーなグリーンカレーを、和風のうどんに。カツオだしとお味噌を少し加えるのがポイントです。 ココナッツミルクが苦手な方は、牛乳で代用してください。サワークリームを使うと酸味も加わって、味が締まります。レンコンやオクラなど、日本らしいお野菜を使うと和テイストが高まりますよ。温泉玉子をトッピングしても◎
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS