「味噌煮込みうどん」の基本レシピ。コツも含めてプロが伝授!

名古屋のソウルフード「味噌煮込みうどん」。この記事では基本レシピをmacaroni動画でご紹介するとともに、おいしく作るためのポイントもまとめてみました。プロの料理家が考案する味噌煮込みうどんのレシピ、ぜひおうちで試してみてくださいね。

2019年10月28日 更新

味噌の種類

味噌煮込みうどんは赤味噌を使うのが一般的ですが、おうちに用意がないという場合は合わせ味噌やだし入り味噌でも代用できます。だし入り味噌を使うときは、だし汁の濃さをすこし調整するようにしましょう。

つゆは多め、うどんは少なめ

煮込んでいるうちにうどんが増えるため、つゆは多め、うどんは少なめを意識して作りましょう。ゆでうどんを使う場合1玉の量は変えられないので、いつもよりつゆをたっぷりと作っておくのがおすすめです。

ベストな煮込み時間

味噌煮込みうどんは、中火で約3分煮込むのがベスト。これより短いとうどんに味が染み込まなかったり、煮込みすぎても味が濃くなりすぎてしまったりします。 しかし、3分というのはあくまで目安で、IHやガス、土鍋や普通の鍋などで火の入り方が異なります。味見をしながら、できあがりを見計らってくださいね。

白味噌で作る味噌煮込みうどんのレシピ

こちらはなんと、白味噌を使って作る味噌煮込みうどんのレシピです!煮込みうどんに白味噌のイメージってあんまりありませんよね。 こちらのレシピでは、白味噌のほかにも白だしや豆乳といった材料を使ってつゆを作っています。白く染まったつゆは、ほんのり甘くまろやかな味わいで楽しめます。通常の味噌で作ると味が濃いなと感じる方は、ぜひ白味噌で作ってみてください。

年代問わず人気の味噌煮込みうどんを作ろう!

肌寒い季節が近づいてくると恋しくなる鍋料理。そこにおうどんを入れて、体の芯から温まるような味噌煮込みうどんを作りましょう。まずは基本レシピをマスターして、そこからあなた好みの味付けで楽しんでくださいね。
▼味噌以外の煮込みうどんもチェック!

特集

FEATURE CONTENTS