3. 材料を煮込んで完成

Photo by macaroni

沸騰しただし汁の中に、鶏もも肉、にんじん、白菜の軸の部分を入れ蓋をし火を通します。このときアクがでていたらきれいに取り除いてくださいね。 一度火を止めて、ネギ、豆腐、白菜の葉の部分を入れ再度火を通します。最後に春菊を加え、全体的に火が通ったら完成です!

寄せ鍋作りのポイント

具材を入れる順番が重要!

具材は「硬いもの→やわらかいもの」が基本です。大根やニンジンなどの根菜類は最初に、次に鶏肉や豚肉、魚介系、葉野菜の順です。牛肉はしゃぶしゃぶ感覚で、最後にサッとだし汁で湯がく程度でOK。 根菜類やくずれやすい絹ごし豆腐は、あらかじめ軽く下ゆでしてくださいね。

めんつゆや白だしで手軽に

寄せ鍋だけのためにダシを取るのは面倒だという方は、市販のめんつゆや白だしをお使いになると手軽に作ることができますよ。 ただし、それらの製品は鰹節やサバ節などを使っているものが多いので、お魚を使う場合は味の個性が重ならないように、白身魚など淡白なものがよいでしょう。製品によって塩分などが違いますので、味見をしながら調整してください。

寄せ鍋のおすすめちょい足し

寄せ鍋はシンプルな味付けなので、いろいろなちょい足しアレンジが可能です。爽やかな風味に味変したい場合は柚子胡椒生姜がおすすめ。濃厚な味わいが楽しみたい方は味噌チーズをプラスしてみてください。 とろろ大根おろしをたっぷり加えるのもおすすめ。お好みのちょい足しアレンジを見つけてみてくださいね♪

手作り寄せ鍋を堪能しよう♪

一度にたっぷりの野菜やお肉が食べられる寄せ鍋。だしレシピを覚えてしまえば、さまざまな具材でのアレンジが可能です!ぜひ、ご家庭で余っている食材や、お好みの具材を加えてオリジナル寄せ鍋を作ってみてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS