ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

鍋の素といえばこれ!プチっと鍋シリーズ

Photo by akiharahetta

エバラの「プチッと鍋シリーズ」は、小分けになった鍋の素。ひとりでもお鍋が楽しめるという手軽さがウケて、人気が爆発した商品です。きっとご存じの方も多いですよね。

2020年現在では、10種類の味が発売されていています。この記事でご紹介するのは、とくに人気の高い「プチッと寄せ鍋つゆ」。便利さ、味わい、使い方など詳しく見ていきましょう。

エバラ食品「プチッと寄せ鍋つゆ」

Photo by akiharahetta

238円(税別)
トレンド鍋や多国籍鍋など、お鍋にはさまざまなバリエーションがあり、いまやその種類は数知れず。変わった鍋もいいけれど、やっぱりなんだかんだ定番の味は安心感があっていいものです。

長い間愛されているお鍋の定番寄せ鍋は、日本人が慣れ親しんだ味。海鮮・お肉どちらの具材にも合うのがいいんですよね。「プチッと寄せ鍋つゆ」もそんな味が愛されている商品。

ひとり分で使い勝手抜群!

Photo by akiharahetta

「プチッと寄せ鍋つゆ」は、コーヒーに入れるミルクやガムシロップのような容器に入っています。開けるときににプチっと音がするので、この名前がついているんですね。

ひとつがひとり分で、人数に合わせて量を調節できとても便利。ひと袋に6個入っているので、最大6人前の寄せ鍋ができるというわけです。

ほんのり香る生姜がポイント。カロリーは控えめ

Photo by akiharahetta

原材料は、薄口しょうゆに鰹エキスと昆布エキスがベースになっており、そこへ砂糖や食塩、みりんなどの調味料が加わっています。さらにほんのり香る生姜がポイントなんだそう。

カロリーは1個あたり20kcal。容量は1個23gで、150ccの水で割って使います。

作り方・合う具材は?

Photo by akiharahetta

パッケージの裏面に鶏肉を使った材料例が書かれていますが、今回は筆者おすすめのひとり鍋の材料をご紹介したいと思います。用意するのは、鮭またはサーモンとお好みの野菜。ひと切れでちょうど1人前の寄せ鍋ができますよ。

ちょっとひと手間を加えて……

Photo by akiharahetta

長ネギは焼くと香ばしい風味がつき、よりおいしくなります。材料を入れる前の鍋で焼けば、洗い物が増えることもありません。ひと手間で格段に味わいがアップするテクニックですよ。

すべての材料と「プチッと寄せ鍋つゆ」1個に150ccの水を鍋に入れたらあとは火にかけるだけでできあがり!
Photos:10枚
鮭の寄せ鍋と鍋つゆのパッケージ
エバラのプチっと鍋寄せ鍋味のパッケージ
プチっと鍋寄せ鍋味の中身
プチっと鍋を開封して黒い鍋に入れているところ
鮭や白菜などひとり鍋の材料がテーブルに並んでいる様子
鮭と焼いた長ネギなどが鍋に入っている
プチっと鍋で作ったひとり用の鍋
小鉢に入ったプチっと鍋で作った寄せ鍋に柚子胡椒を添えているところ
卵入りの雑炊を木のおたまでよそっている様子
小さなひとり用の寄せ鍋
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ