7. うどんつゆにお任せ!なんでもアリなひとり鍋

味付けは、市販のうどん用スープにだけという簡単レシピ!具材はおうちにあるものでOKなので、半端に余った食材を入れて楽しみましょう♪ 鍋に野菜とお肉を入れてラップをかけ、冷蔵庫に入れておけば、サッと作り始められますよ。平日の朝にここまでやっておけば、帰宅後にスープを注いで火にかけるだけで、夕食の準備ができますね。

8. キムチとキャベツのひとり鍋

時間が経ってすっぱくなってしまったキムチも、鍋にすれば食べやすくなります。干しエビを加えてうまみたっぷりに仕上げた鍋のシメは、うどんや雑炊が合いますよ!辛い鍋が好きな方は、キムチの漬け汁も一緒に入れましょう。

安く済ませたい!節約ひとり鍋のレシピ5選

9. もやしとキャベツの豚肉鍋

材料は、もやし、キャベツ、塩昆布、酒、豚肉の5つ!まさに、食材の旨みをしっかりと堪能できる鍋レシピです。もやしや豚肉は切る必要がなく、キャベツも手でちぎればOKなので、包丁なしでも作れるのがうれしいポイント。

10. ぎょうざともやしのひとり鍋

餃子、もやし、豆苗を集めて作るひとり鍋です。具材をスープで煮込んだらあっという間に完成。ポン酢でさっぱりいただけるひと品です。お好みのたれでアレンジしてみても良いですね。

11. ひとり湯豆腐

節約食材の定番、豆腐を使った湯豆腐は、具もシンプルで作りやすく、節約鍋に最適。水菜を加えて、歯ごたえを楽しみましょう。つけだれは、ポン酢やごまだれなどお好みで。鍋に耐熱カップを入れてたれを注げば、たれを温めながら食べられます。

12. 缶詰を活用のひとり鍋

リーズナブルで日持ちするツナ缶とコーン缶を活用した鍋は、準備が簡単なので朝ごはんにおすすめ。朝から鍋料理を食べて体を温め、一日を元気に過ごしたいですね。じゃがいもは、あらかじめ電子レンジで加熱しておきましょう。コンソメは、顆粒のものを使うとさっと溶けて便利です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ