4. 砂糖が溶ければ完成

Photo by macaroni

一日1回、清潔なスプーンなどでかき混ぜて砂糖をなじませます。1週間ほどたって砂糖が溶けたら、できあがり。レモンシロップは常温保存でOKですが、気温が高いと発酵が進んでしまうので冷蔵庫へ入れたほうが安心です。

レモンシロップのおすすめ活用アレンジ3選

1. すっきりおいしい!レモンスカッシュ

Photo by macaroni

レモンシロップを炭酸水で割るだけ!あっという間に無添加の自家製レモンスカッシュが完成します。甘さや濃さはお好みで。はちみつをプラスしたり、ショウガのしぼり汁をたらしたりしてアレンジも楽しめますよ。

2. ホットでもアイスでも。レモネード

レモネードは、レモンの果汁にはちみつや砂糖を加えたシロップを冷水で割ったもの。冷たい水の代わりにお湯で割れば、ほっこりする甘さのホットレモネードになりますよ。レモンシロップがあれば、一年中レモネードを楽しめます。

3. おもてなしにおすすめ♪ レモンゼリー

レモンシロップにゼラチンを混ぜて冷やし固めるだけの簡単スイーツ♪ お子さんと一緒に作ってみませんか。ミントを飾ったり、生クリームやアイスクリームをトッピングしてもいいですね。レシピではレモンのしぼり汁、はちみつを使用していますが、レモンシロップに置き換えて作れますよ。

余ったレモンも上手に活用♪

Photo by macaroni

余ったレモンをパンにのせれば、おしゃれなレモントーストの完成!輪切りでそのまま使用するのもよいですが、細かく刻んでパウンドケーキや、パンケーキと一緒に焼くのもおすすめです♪ お好みのアレンジを楽しんでください。

夏はレモンシロップでさわやかに

レモンはビタミンカラーの見た目とさわやかな酸味で、気分をリフレッシュできますよね。料理や飲み物に添えるだけでは、もったいない。レモンシロップにして、いろいろなバリエーションで活用してくださいね。

汗をかいた日や疲れたときには、レモンシロップを使うドリンクでひと息ついてはいかがですか。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ