材料3つの「さつまいもの甘煮」レシピ。レモンやはちみつでの作り方も!

今回は、ホクホク甘じょっぱさがたまらない「さつまいもの甘煮」レシピをご紹介!レモンやはちみつを使ったり、りんごを加えたりする人気のアレンジレシピもまとめました。そのほか、レンジや圧力鍋で作る簡単レシピもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

2019年4月11日 更新

「さつまいもの甘煮」の基本レシピ

青いお皿に盛られたさつまいもの甘煮

Photo by ako0811

材料(3〜4人分)

・なると金時さつまいも……1本(350g)
・水……300cc
・砂糖……大さじ3杯
・醤油……大さじ1杯

醤油は、薄口・濃口醤油を各大さじ1/2杯ずつにすると、味が強すぎず甘さが際立ちます。また今回は、味の濃い「なると金時芋」を使用しています。普通のさつまいもの場合、砂糖を若干多めにするといいでしょう。

下ごしらえ

包丁で輪切りにされるさつまいも

Photo by ako0811

さつまいもに土がついている場合があるので、5分ほど水につけてから手洗いし、火が通りやすいように1cmほどの輪切りにします。お弁当用やお子様向けには、細長いさつまいもを輪切りにすると小さ目の丸型ができ、使い勝手がいいですよ。

ホクホク感を味わいたい方は、乱切りにしてもよいでしょう。その場合、とがった部分が多いと煮崩れの原因になります。扱いやすい形になるようにカットしたほうが、きれいに仕上がります。
水を張ったボールの中のさつまいも

Photo by ako0811

さつまいものアクで、できあがりが黒っぽく変色してしまうことがあります。また、味を染み込みやすくするためにもアク抜きをしたほうがよいでしょう。切ったそばから順に水にさらしていき、白く濁ったら水をかえます。数回繰り返し、水が濁らなくなればOKです。

作り方

1. さつまいもを下ゆでする

鍋の中のさつまいも

Photo by ako0811

時間があれば、軽く下ゆでしたほうが味が染み込みやすくなります。さつまいもがちょうどかぶる程度の水(分量外)を入れ、中火で2分ほど加熱します。さつまいもがほんのり黄色っぽくなればOK。一旦取り出し、水気を切っておきましょう。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう