どうやって作るの!?「求肥」の基本の作り方&簡単レンジレシピ!

和菓子に欠かせない「求肥(ぎゅうひ)」。大福の皮部分や、あんみつのトッピングに使われることが多いですよね。今回は、そんな求肥の作り方をご紹介!レンジでの簡単な作り方や、求肥を使ったお菓子のレシピもチェックしてみてくださいね♩

2019年10月15日 更新

こっちもおすすめ!求肥で作るお菓子レシピ5選

1. レンジで!かぼちゃ餡のうさぎ大福

黒い和皿にのせた、かぼちゃ餡のうさぎ大福

Photo by macaroni

白玉粉を使ったもちもちの求肥とかぼちゃ餡、どちらもレンジで作る、かわいいうさぎ大福のレシピです。

作りたての求肥で包んだ大福は、お店とはひと味違うおいしさ。クリームチーズ入りのかぼちゃ餡はやさしい甘さで、ほっとひと息つきたいときにぴったりです。

2. 黒豆きな粉もち

本格的な和菓子のレシピ。一度は挑戦してみたい、手の込んだ和菓子です。甘さ控えめのきな粉入り生地に包んだ黒豆の甘煮と、手作り求肥のコンビは、上品なおいしさ。

手作りとは思えない凝った和菓子は、手作りだからこそ甘さを抑えることもでき、安心していただける体に優しい味わいです。

3. いちご生クリーム大福

あんこが苦手な方に、洋風な大福はいかがですか?柔らかくて甘い、だんご粉を使った求肥は、生クリームとの相性も抜群。手作りだからこそ、好みの大福が作れるのが良いところですね。

だんご粉とは、上新粉ともち米粉を混ぜたもの。もち米粉だけよりも歯切れよく仕上がります。

4. ぷにぷに求肥のフルーツポンチ

夏にうれしい爽やかなデザート。手作りのぷにぷに求肥を使って、食感もいろいろと楽しめる冷たいひと品です。

寒天もすべて手作りのレシピですが、ちょっと手を抜きたいときは市販の寒天を使ってもOK。おうちでちょっとした集まりに、本格スイーツでおもてなししてみてはいかがでしょう。

5. あんず求肥

干しあんずをつかってつくる「あんず求肥」。もっちり食感とやさしい甘さを楽しめる、素朴なお菓子です。おばあちゃん家をおとずれた気分で、お茶と一緒に味わいたいですね。

余った求肥は冷凍保存がおすすめ

ラップで包まれた求肥

Photo by TAMA39

求肥はたくさん作って、冷蔵庫で保存することができます。基本的に冷蔵庫で冷やしてもおいしく、傷みにくい食べ物なので、冷凍すると長期保存が可能になりおすすめ。

冷凍するときの保存方法は、薄くのばした求肥をまずラップにくるんで、フリーザーバッグなどに入れ冷凍庫へ。2~3週間ほどはおいしく保存ができます。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TAMA39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう