どうやって作るの!?「求肥」の基本の作り方&簡単レンジレシピ!

和菓子に欠かせない「求肥(ぎゅうひ)」。大福の皮部分や、あんみつのトッピングに使われることが多いですよね。今回は、そんな求肥の作り方をご紹介!レンジでの簡単な作り方や、求肥を使ったお菓子のレシピもチェックしてみてくださいね♩

2019年10月15日 更新

電子レンジでの簡単な作り方

電子レンジで作った求肥

Photo by TAMA39

「蒸し器で蒸すのがちょっと面倒……」という方には、電子レンジで作る方法がおすすめです。洗いものも少なく済み短時間でできるので、覚えておくととっても便利です。味も蒸したものとはほとんど変わりないので、本格的な和菓子を作って、みんなを驚かせちゃいましょう。

材料(2人~6人分)

求肥の材料

Photo by TAMA39

・もち米粉・・・・100g
・砂糖・・・・・・100g
・お水・・・・・・150g
・コーンスターチ(または片栗粉)・・・適量

作り方

1. 蒸し器で作る場合同様、材料を混ぜ合わせます。(深めの耐熱皿を使います)
材料を混ぜ合わせている様子

Photo by TAMA39

2. ラップをかけずに600Wの電子レンジで3分ほど加熱し、一度混ぜてからさらに1分半~2分ほど加熱します。
電子レンジで加熱している様子

Photo by TAMA39

3. 取り出たら、熱いうちに水をつけた木べらで混ぜ合わせます。
生地を木べらで混ぜている様子

Photo by TAMA39

4. コーンスターチを広げたバットにのせ、コーンスターチを振り、返しながら平らにして完成です。
バットに移した求肥

Photo by TAMA39

手作り求肥のお菓子アレンジ

チョコ大福

チョコ大福

Photo by TAMA39

【材料】
・求肥       200~300g
・板チョコレート  100g
・生クリーム    50g
・ココアパウダー  適量
【作り方】

1. 生クリームを湯煎で温め、刻んだチョコレートを入れ溶かします。
生クリームとチョコレートを混ぜ合わせている様子

Photo by TAMA39

2. ラップをひいたバットに1を流し入れ、冷蔵庫で3~4時間程冷やし固めます。
バットにチョコレートを流し入れている様子

Photo by TAMA39

3. のばした求肥を12等分に切り、12等分に丸めた2をのせて包みます。
求肥にチョコレートをのせた様子

Photo by TAMA39

4. ココアパウダーを広げたバットの上で3を転がしながら、まんべんなくまぶしたら完成です。
求肥にココアをつけている様子

Photo by TAMA39

求肥を作るときに、コーンスターチの代わりにココアパウダーをまぶしてもOK。生チョコは手につきやすいので、ラップなどで包んで丸くすると扱いやすいです。洋菓子と和菓子のハーモニーは、子供のおやつにも大人気♩

雪見大福風

雪見大福風

Photo by TAMA39

【材料】
・求肥      200~300g
・バニラアイス  1カップ
【作り方】

1. バニラアイスを4等分に分け、ラップで丸めて一旦冷凍庫で固めます。
4等分したバニラアイス

Photo by TAMA39

2. ラップの上に薄くのばして4等分にした求肥に、1のアイスをのせて包みます。(この作業は手早くおこないましょう)
求肥に包まれているバニラアイス

Photo by TAMA39

3. ラップに包んで、再度冷凍庫で固めてできあがりです。
ラップで包まれた雪見大福風

Photo by TAMA39

求肥は冷凍にすると少し硬くなるので、なるべく薄くのばしてからアイスを包むと食べやすいです。求肥を作るときに、大さじ1の砂糖とサラダ油を追加して混ぜ合わせると、硬くなりにくくなりますよ。暑い日のおやつにぜひどうぞ。

すあま

すあま

Photo by TAMA39

【材料】
・上新粉     100g
・砂糖      100g
・お水      150g
・コーンスターチ 適量
・食紅、食塩   各少々
【作り方】

1.
上新粉、砂糖、食塩、お水をよく混ぜ合わせ、お好みの色になるよう様子を見ながら、少しずつ食紅を入れて混ぜます。(少量で色が付きます)
材料を混ぜ合わせている様子

Photo by TAMA39

2. ラップをして600Wの電子レンジで3分ほど加熱し、一旦取り出しよく混ぜてから再度2分ほど加熱します。
木べらでこねている様子

Photo by TAMA39

3. よくこねたあと、濡れ布巾の上で棒状の形にし、コーンスターチを広げたラップを敷いたまきすにのせます。
まきすにのった生地

Photo by TAMA39

4. まきすで包んで、冷めたら完成です。食べやすい大きさにカットしていただきます。
まきすで包んでいる様子

Photo by TAMA39

求肥の材料を、「もち米粉」から「上新粉」に変えただけの簡単レシピ。食紅と食塩はお好みで量を調節したり、入れなくてもおいしく仕上がります。さっぱりとした甘さの「すあま」は、年齢問わず喜ばれる上品な和菓子です。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TAMA39

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう