仕上がりをグッと高める!「とんかつ」の基本レシピ&おいしく揚げるコツ5つ

サクサク衣に包まれた豚肉が絶品の「とんかつ」。今回は、そんなとんかつレシピを徹底攻略しちゃいましょう!揚げ時間や揚げ方にこだわった基本の作り方や、食感が劇的に変わる下処理のコツ、ほかのお肉で作るアレンジレシピなど、幅広くご紹介します。

2017年12月20日 更新

とんかつに使うお肉

とんかつに使う豚肉は、ロース肉が一般的。サッパリとした赤みと適度な脂身があり、ジューシーで歯ごたえのあるとんかつが作れます。

ヒレ肉を使う場合は、とんかつではなく「ヒレカツ」と呼ばれることがほとんど。ロースと比べるとあっさりとした味になります。

とんかつをおいしくする5つのポイント

1. 筋切りで縮むのを防ぐ

豚ロースの油の部分に切り込みを入れるのは「筋切り」といい、火を通したときに縮むのを防ぐ効果があります。筋切りは豚肉だけでなく、鶏肉、牛肉、魚類でも使えますし、揚げ物だけでなくソテーや炒め物にも効果的です。

2. 下味はしっかりつける

豚肉に何も下味をつけていないとんかつは、ソースの味ばかりに頼ってしまいます。きちんと塩こしょうを振っておくことで、実はソースをつけなくてもおいしいとんかつが作れるんですよ。ソースが少なくなると、豚肉の旨みもしっかりと感じられます。
3 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう