いわしのさばき方

1. 道具を用意する

Photo by KIBO LABO

ポリ手袋、包丁、牛乳パックを開いた簡易まな板、内臓を入れるポリ袋を用意します。

2. 頭を取り、内臓を取り出す

Photo by KIBO LABO

いわしのウロコを取り、胸びれの部分から包丁を入れて頭を落とします。次に、頭側から尾に向けて、中骨を取り除きます。

包丁の背で内臓をかき出しながら、腹を開き切ります。腹の中は流水で水洗いし、キッチンペーパーで水気をふき取りましょう。取り出した内臓は2重のポリ袋に入れ、ゴミの日まで冷凍しておくと、臭いも気にならず、処理することができます。

3. 手で開く

Photo by KIBO LABO

中骨の上に親指を差し込んで、親指を外に向けて腹を開いていきます。次に、頭側から尾に向けて中骨を取り除きます。

4. 臭みを取る

Photo by KIBO LABO

青魚であるいわしは、白身の魚に比べ特有の臭みがあります。いわしをさばいたら、臭みを取る下処理を忘れずに。バットにいわしをのせ、両面に軽く塩と酒を振ったら、ラップをかけて冷蔵庫に20分前後入れておきます。その後すぐに流水で洗い流し、キッチンペーパーでしっかり水分をふき取りましょう。

市販のいわしの開きを使うと簡単

頭つきのいわしはさばくのが大変という方は、下処理済の開きを買うと便利です。少し割高にはなりますが、魚の扱いに慣れていない場合はおすすめです。お店によっては、無料でさばいてくれるところもあるので、店員さんに聞いてみてくださいね。
▼詳しいさばき方は、こちらをチェック!

作り方

1. 下味をつける

Photo by KIBO LABO

開いたいわしの両面にショウガ汁と酒を振り、下味をつけます。

編集部のおすすめ