ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

圧力鍋で「いわしの水煮缶」を完コピ!

コンビニやスーパーの缶詰コーナーに、必ずあると言っても過言ではない「水煮缶」。骨がホロホロと崩れるあの独特な食感、クセになります。味も魚の旨味が凝縮されていて、醤油煮や味噌煮とは違う何とも言えないあの味がたまりませんね。 あれを家で再現するのは難しいのでは……と思いきや、圧力鍋があればとっても簡単にできるんです! 必要な調味料も、基本的なものばかり。再現のポイントは、時間と臭み取りにあります。放っておくだけでできるので、作りおきにおすすめな一品ですよ。

「骨まで柔らか!いわしの水煮」の作り方

分量(作りやすい量)

いわし(頭・ワタなし) 6尾 A 水 500cc A 酒 50cc A 酢 大さじ1 A みりん 大さじ1 A すりおろし生姜 1片 A 塩 ひとつまみ

作り方

①いわしは水洗いして汚れを落とし、水気をしっかり拭き取る。
血合いや内臓の残りがあると、仕上がりが生臭くなってしまうので、必ず外側・内側の両方を水洗いしましょう。
②鍋にAを加えて、ひと煮立ちする。
③いわしを加えて、もうひと煮立ち。
④蓋をして、圧がかかったら弱めの中火にして30分高圧をかける。
⑤30分経過後、火を止め蓋をしたまま自然放置する。
火を止めてしばらくは、まだ中では圧がかかり、加熱が進んでいます。蓋はあけずに、30分以上は放置しましょう。
⑤味を見て、好みの濃さに煮詰める。
そのままでも完成ですが、お好みによって煮詰めたり醤油を足して、味を濃くしても。
⑥容器に移し、煮汁に浸した状態で冷ます。
煮汁に旨味が出ているので、熱を冷ます時は煮汁に浸した状態で行いましょう。保存する際も、いわしがぱさつかないように、煮汁ごと保存しましょう。

器によそって完成!

圧力鍋におまかせなのに、骨までホロホロで手の込んだ料理の味。魚の旨味が堪能でき、ごはんのお供に、お酒のおつまみに最高です。 本家の缶詰のように、冷めた状態で食べてもおいしいですよ!そのまま食べてもいいですし、お好みで醤油や七味、マヨネーズをプラスしても◎。 優しい味わいなので、日本酒などお酒を主役に楽しむ時のよい脇役にもなります。白ワインに合わせて、オリーブオイルをまわしかけても目先が変わって良いですよ! 電子レンジで温めて召し上がる際は、身が爆発しないよう、加熱時間には気をつけてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS