ライター : i_am_ai

故郷徳島を愛しながらも、続々と現れる新しい物にもついつい飛びついてします、ミーハーなグルメライター。

餃子はごはんにかける時代!

老若男女問わず人気おかずである餃子ですが、今「ご飯にかけるギョーザ」が話題になっています。固形の餃子をご飯にかける、そのインパクトのあるネーミングが思わず興味をそそりますよね。そこで、話題の「ご飯にかけるギョーザ」についてご紹介します。

まるで本物!ごはんにかけるギョーザ

佃煮を思わせる瓶に入った「ご飯にかけるギョーザ」。この味が餃子そのものと評判になっています。でも、なんとこの商品には、お肉は入っていません。おから、ピーナッツ、にんにく、玉ねぎを炒めたあと、ごま油、ラー油、酢を混ぜ合わせ、本物の餃子の味に近づけて作られているようです。
味わいは、「スタンダード」と「うま辛」味の2種類あります。うま辛味はピリリと刺激的な味わいがお好みの方に人気なようですよ。
ひと口食べると、にんにくや生姜の香りが口の中に広がり、その感覚は、食べた人が口をそろえて「まさに餃子!」だそうです。さらに、噛むごとに口の中にエキスが広がり、旨みが溢れ出るということもあって「餃子以上に餃子の味」と表現する人も。食べたいときに、手軽に食べることができるのも魅力ですよね。
実際に食べた人からは「おいしい」の声が圧倒的です。手軽に食べることができるので、一人ランチにもよさそうですよね。
白米好きにはたまらないひと品ですよね。想像できない味は、思わず食欲をそそりますよね。
ご飯以外にも、アレンジを楽しむ人が多いようです。手軽に楽しめるので、自分流のアレンジレシピを模索してみるのもいいかもしれませんね。

ご飯以外にもバッチリ合う!

ご飯にかけるギョーザは、そのままご飯の上にのせるのはもちろん、アレンジだって楽しむことができます。そこで、簡単にできるレシピをご紹介します。

1.焼うどん

味付けは、塩こしょう、醤油、ご飯にかけるギョーザだけ。これなら料理初心者さんでも真似しやすいですよね。絶妙な、ピリ辛を感じられるようです。マンネリしがちな焼うどんも、アレンジレシピで新しい味に変えてみてはいかがでしょう。

2.唐揚げの隠し味に

子供から大人まで人気の定番メニュー、唐揚げの下味として使う方法も。ニンニクの香りと、ギョーザのエキスは、お肉に合わないはずがありませんよね。

3.チャーハンの味付けに

チャーハンと餃子といえば、中華の黄金メニューですよね。ワンパターンになりがちなチャーハンも、簡単にお店の味になります。食べ応えのあるチャーハンは、男性うけもよさそうですよね。
Photos:1枚
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS