ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

旨味たっぷり!きのこスープのレシピ

手軽に買えてヘルシー、おサイフにも優しい「きのこ」。さまざまなきのこレシピがありますが、今回は旨味を味わえる「きのこスープ」を20選ご紹介します。スーパーに並んでいるブナシメジやえのき茸、舞茸やなめこなどのカロリーは、どれも100gあたり20kcal前後と低カロリー。栄養素も多く、ちょっと小腹が空いた時や、ダイエットの際にもおすすめです。コンソメ・中華・和風・ポタージュ、手軽に作れるレシピもたくさんありますよ。

冷凍して旨味成分を増やそう!

よく言われるきのこの旨味成分は、冷凍することでさらにアップします。凍らせることできのこの水分が凍り細胞膜が破壊され、旨味成分が出やすくなるようです。調理する際も、冷凍したきのこを解凍せず、そのまま使うことで、旨味成分を逃さずスープにすることができます。 けれども、すべてのきのこが冷凍に向いているわけではありません。冷凍に向いているのはなめことしいたけ。次に舞茸やえのき茸、エリンギやブナシメジは、冷凍するとやわらかくなってしまい、食感を味わうことが難しくなります。エリンギなどを冷凍する場合は、細かく刻んで使うのがおすすめです。 スーパーで安く手に入る時など、たくさん買って冷凍してみてはいかがでしょうか。

コンソメ系の洋風きのこスープレシピ5選

1. ヘルシーキノコスープ

しめじ・エリンギ・えのき茸など、いろいろな種類のきのこが入ったスープです。固形スープを溶かすだけ。それぞれのきのこの旨味が効いたスープは、食べごたえもあるので、ちょっと小腹が空いた時などにいかがでしょうか。

2. アサリとキノコのガーリックスープ

あさりの旨味ときのこの旨味、さらにガーリックの香りがプラスされているスープです。考えただけでもおいしそうなスープに使うきのこは、好みの種類でOK。酒蒸しにしたあさりのスープも使うので、あさり好きの方におすすめです。ふだんの食事にも、お客様の時にもおすすめできるスープです。

3. トマトジュースのミネストローネ

トマトジュースを使って作る、具だくさんのミネストローネです。たっぷり作っても、調理時間は15分程度。時短の秘密はトマトジュースと、あさりをレンジでチンすること。きのこや野菜は刻んだらニンニクといっしょに炒めるので、おいしさがアップします。時間がない時にもおすすめのレシピです。

4. キノコのミルクスープ

どんなスープに使ってもおいしいきのこですが、とろっと濃厚なミルクスープと合わせても格別です。ミルクスープにはバターも入ってコクがあり、食べごたえも◎。仕上げにクルトンとパセリも散らすので、見た目もバッチリです。おいしいパンと一緒にいかがでしょうか。

特集

FEATURE CONTENTS