絶対褒められる!さくジュワ「おいしい唐揚げ」を作るポイントはこれ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介しますね。

2018年12月4日 更新

ますは下ごしらえを丁寧に!

鶏肉は揉んで柔らかく

鶏肉に下味をつけたらよく揉みましょう。こうすることで味を染み込ませて柔らかくします。最初に、フォークで適度に鶏肉を刺しておくと良いですよ。

鶏肉を冷蔵庫でよく冷やす

下味をつけたら15分ほど置きます。時間がある場合は30分程度、冷蔵庫で冷やすことをおすすめします。油の温度と鶏肉の温度に差ができると、カラっと揚げることができますよ。

衣は粉の種類と量で決まる

カリッとさせる衣

片栗粉だけで衣をつけると竜田揚げのようになり、よりカリっとした食感を楽しめます。衣をつけたら5分ほど馴染ませて、その後さらにもう一度つけると仕上がりがよい揚げ加減になります。

柔らかジューシーな衣

カリカリした唐揚げもいいけれど、ジューシーな唐揚げも食べたい。そのような場合は、漬けダレにマヨネーズを入れてみましょう。そして、薄力粉の衣をつけて揚げます。そうすると鶏肉の旨味を逃さず、柔らかく、ジューシーな仕上がりにすることができますよ。

カリッと感もほしい場合は、薄力粉と片栗粉の両方を使うと良いでしょう。その場合は、薄力粉を付けてから片栗粉をまぶしてください。

揚げ方のコツは2度揚げ

2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう