ローディング中

Loading...

夏になるとおいしい枝豆。この枝豆を茹ですぎて余ってしまった場合、冷凍保存がおすすめです!今回は、枝豆を長持ちさせるための冷凍&解凍方法をご紹介します。冷凍枝豆の簡単おすすめレシピも併せてお伝えしますので、ぜひお役立てください。

枝豆を冷凍保存!

枝豆は、お酒のおつまみやおやつにすると、とてもおいしいですよね。子供たちにも人気が高く、お弁当の彩りや隙間を埋めるのにも大活躍してくれます。旬の時期は6~8月、この季節になるとスーパーで枝付きの枝豆が売られていますね。

また、海外でも非常に注目されている食材で、北欧やヨーロッパでも親しまれています。ニューヨークの居酒屋では、日本と同じくおつまみで提供されており、スタジアムの売店でも売られていたりするほどメジャーな食べ物になっています。日本と同じで「EDAMAME」と呼ばれているのですよ。

家庭菜園でも育てる事のできる枝豆は、4月下旬ごろに種を購入して植えつけると夏には大きく育ちます。自宅で栽培すると、大量に獲れすぎて困ることもあるようです。そんなときには、冷凍保存をすると旬が過ぎても食べられます。

これからご紹介する冷凍保存方法で、枝豆の食感を落とさず長くおいしく食べることができますよ。枝豆の状態別保存方法と冷凍枝豆の簡単おすすめレシピもご紹介しますから、今年の夏は枝豆をたくさん食べましょう。

生のまま冷凍する方法

枝豆は茹でてから冷凍するより、生のまま冷凍する方がおいしく食べられます。面倒な茹で加減の調整や、冷ましたりする手間も省けて簡単です。たくさん買ってきて、食べきれない分は生のまま冷凍しましょう。

やり方は簡単!枝豆はサヤに入ったまま水で軽く洗いほこりなどを取り除きます。水分をしっかりふいてから、ジップ付きの保存用袋に入れて冷凍。この時、なるべく平らにして急速冷凍がおすすめです。

急速冷凍できない冷凍庫の場合、保存用袋をアルミ箔でつつむといいそうです。熱伝導率が高くなって、急速冷凍と同じように冷凍できますよ。食べる時は冷凍のまま熱湯でゆでればOKです。

茹でてから冷凍する場合

茹でてから冷凍する方法は、解凍してすぐに食べられるので便利です。大量に茹ですぎた時に冷凍保存をしておくと、いつでも食べたい時に食べることができますね。上手に保存すれば、おつまみなどで一人前だけ解凍して食べることができますから、お父さんもお子さんも大喜びでしょう。

下処理

枝豆のさやは、両端をはさみで切ります。こうすることで、中まで塩分がしみこみやすくなり、おいしい仕上がりになります。少し手間がかかりますが、仕上がりに差が出るためぜひやってみてください。

そして、さやに入った枝豆をしっかり塩もみします。この下処理で塩味がしみこみやすくなり、サヤのうぶ毛がとれて茹で上がりが色鮮やかになりますよ。塩もみ後は、10分~1時間程度おいて茹でましょう。

茹で方

枝豆の茹でるときのポイントは塩加減です。一番おいしく出来上がる目安は、塩分濃度4%です。水1リットルで茹でると、塩40gが必要となります。

茹で方は、たっぷりのお湯を沸かし、枝豆を入れ再度沸騰してから1~2分です。すぐ食べる場合の茹で時間は3~4分ですから短いですね。茹であがれば、お湯を捨ててざるにあげ冷まします。

ここで、気を付けたいのが、塩もみした塩の分量を引くことです。塩もみで使った量を引き、塩もみ後は洗い流さず、茹でるようにしましょう。

冷凍方法

枝豆を少し固めに茹でたら、うちわなどで扇いで冷ましましょう。この時、ゆであがった枝豆を水にさらさないのがコツです。水にさらしてしまうと、枝豆が水っぽくなりおいしくいただけません。

また、自然に冷めるまで置いておくと、予熱で柔らかくなり、歯ごたえの無い枝豆になってしまいます。うちわや扇風機で一気に素早く冷ますとおいしい枝豆になりますよ。

そして、水気を拭きとって冷凍しましょう。ジップ付き保存袋になるべく平らに入れて、急速冷凍がおすすめです。この時、枝豆を大量に保存袋に詰め込みすぎると、解凍するときに小出しにできません。なるべくトレイなどで平らに冷凍してから、大きな保存袋へ移しましょう。面倒な方は、1回分を小分けにして冷凍するとラクですよ。
▼枝豆をレンジで茹でるコツも知りたい!

むき枝豆の冷凍方法

枝豆は、サヤから中身を出して冷凍することもできます。この方法で冷凍すると、料理にすぐに使えて便利です。豆ごはんなど、枝豆を使ったレシピつくりにも簡単に利用できますよ。

茹でたサヤから豆を取り出し、水気をよくとってフリーザーバッグなどに入れて冷凍します。小分けにして冷凍すると使い勝手がいいでしょう。薄めに冷凍をすると、使いたい分だけ手でポキポキ折って使えますよ。
▼おすすめの豆ごはんレシピは、こちら!

解凍方法

サヤ付きの枝豆を解凍する場合は、もう一度サッと湯がきます。固めにゆでていますから、柔らかくなりすぎる心配もありません。自然解凍でも使用することができ、凍ったまま調理もできますよ。一気に解凍する場合は、保存用の袋のまま流水解凍しましょう。

電子レンジなら簡単に解凍できそうですが、解凍にムラができるのでおすすめできません。手軽なのでつい利用したくなりますが、ここは使わないようにしましょう。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

映画の世界を食卓に!飯島奈美さんの「かもめ食堂」レシピ

人気日本映画「かもめ食堂」に登場する、飯島奈美さんのレシピをご紹介します。数々の映画のフードスタイリストを手がけ、レシピ本も出版した飯島奈美さんの料理は、どれも真心こもった温かいものばかり。「かもめ食堂」ファ…

イタリアのおつまみパン「グリッシーニ」のレシピ

ワインのお供にも欠かせない、イタリア生まれのおつまいパン「グリッシーニ」についてまとめてみました。実は簡単に作れるので是非お試しください♡

主婦のお悩み解消!鶏肉をおいしく焼く方法

私も経験ありなんですが鶏肉、特に鶏むね肉をフライパンで焼くとパサついてしまいます。どうにか美味しくジューシーに焼けないものかといつも悩んでました。今回その悩みを解消してくれる素敵な調理法があったのでご紹介しま…

綺麗な人は知っている!?「キウイ」の栄養と簡単レシピ5選

比較的通年にスーパーなどで手に入る「キウイ」。今回はそんなキウイの期待できる効果や栄養などをご紹介します。美容健康効果を求める方は、積極的に摂取したいフルーツですよ。毎朝食べたい簡単レシピもまとめたので、ぜひ…

たまごソムリエ直伝!「温玉ソフトクリーム」のレシピ - 密かなブームの兆し

まさかソフトクリームとあの食べ物が組合わさるなんて…。新作スイーツをソムリエさんからのアドバイスのもと、今回は漫画喫茶(笑)で作ってみました。これはパンケーキなんてものじゃない!次の流行になるのでは?!∩(´…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食欲抑えたい人必見!ダイエットにおすすめの青い食べ物まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

何分前なら食事はOK?運動前のおすすめ食材まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒あるある、外国人観光客が酒蔵に来て驚くポイント3選

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

一度は行ってみたい東京都内の映画バー4選!カクテルも楽しめるお洒落空間

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

100年前なのに…?日光金谷ホテル「百年ライスカレー」が人気を集める謎

栃木県日光市の「日光金谷ホテル」は、創業明治6年という日本最古のリゾートホテルです。こちらの名物が「百年ライスカレー」ですが、いったいどんなカレーなのでしょう?誕生秘話やその魅力などご紹介します。通販でも購入…

具材をパンに詰めるだけ!「エッグカップトースト」でおしゃれな朝食を♩

秋晴れのきもちのよい朝に、少し時間に余裕がある日はおしゃれな朝食を楽しんでみませんか?今回は、SNSに載せればたくさんのいいねが付きそうな「エッグカップトースト」のレシピを、作り方がわかりやすい1分程度の動画…

おやつにもおかずにも♩「かぼちゃもち」がほっくりモチモチでやみつきに!

かぼちゃのおいしい季節になりましたね。最近ではハロウィン人気も重なって、スーパーなどでもいろんなかぼちゃを目にするようになりました。煮物のイメージにとらわれがちなかぼちゃですが、Instagramでは「かぼち…

ページTOPに戻る