ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

枝豆を冷凍保存!

枝豆は、お酒のおつまみやおやつにすると、とてもおいしいですよね。子供たちにも人気が高く、お弁当の彩りや隙間を埋めるのにも大活躍してくれます。旬の時期は6~8月、この季節になるとスーパーで枝付きの枝豆が売られていますね。 また、海外でも非常に注目されている食材で、北欧やヨーロッパでも親しまれています。ニューヨークの居酒屋では、日本と同じくおつまみで提供されており、スタジアムの売店でも売られていたりするほどメジャーな食べ物になっています。日本と同じで「EDAMAME」と呼ばれているのですよ。 家庭菜園でも育てる事のできる枝豆は、4月下旬ごろに種を購入して植えつけると夏には大きく育ちます。自宅で栽培すると、大量に獲れすぎて困ることもあるようです。そんなときには、冷凍保存をすると旬が過ぎても食べられます。 これからご紹介する冷凍保存方法で、枝豆の食感を落とさず長くおいしく食べることができますよ。枝豆の状態別保存方法と冷凍枝豆の簡単おすすめレシピもご紹介しますから、今年の夏は枝豆をたくさん食べましょう。

生のまま冷凍する方法

枝豆は茹でてから冷凍するより、生のまま冷凍する方がおいしく食べられます。面倒な茹で加減の調整や、冷ましたりする手間も省けて簡単です。たくさん買ってきて、食べきれない分は生のまま冷凍しましょう。 やり方は簡単!枝豆はサヤに入ったまま水で軽く洗いほこりなどを取り除きます。水分をしっかりふいてから、ジップ付きの保存用袋に入れて冷凍。この時、なるべく平らにして急速冷凍がおすすめです。 急速冷凍できない冷凍庫の場合、保存用袋をアルミ箔でつつむといいそうです。熱伝導率が高くなって、急速冷凍と同じように冷凍できますよ。食べる時は冷凍のまま熱湯でゆでればOKです。

茹でてから冷凍する場合

茹でてから冷凍する方法は、解凍してすぐに食べられるので便利です。大量に茹ですぎた時に冷凍保存をしておくと、いつでも食べたい時に食べることができますね。上手に保存すれば、おつまみなどで一人前だけ解凍して食べることができますから、お父さんもお子さんも大喜びでしょう。

下処理

枝豆のさやは、両端をはさみで切ります。こうすることで、中まで塩分がしみこみやすくなり、おいしい仕上がりになります。少し手間がかかりますが、仕上がりに差が出るためぜひやってみてください。 そして、さやに入った枝豆をしっかり塩もみします。この下処理で塩味がしみこみやすくなり、サヤのうぶ毛がとれて茹で上がりが色鮮やかになりますよ。塩もみ後は、10分~1時間程度おいて茹でましょう。

茹で方

枝豆の茹でるときのポイントは塩加減です。一番おいしく出来上がる目安は、塩分濃度4%です。水1リットルで茹でると、塩40gが必要となります。 茹で方は、たっぷりのお湯を沸かし、枝豆を入れ再度沸騰してから1~2分です。すぐ食べる場合の茹で時間は3~4分ですから短いですね。茹であがれば、お湯を捨ててざるにあげ冷まします。 ここで、気を付けたいのが、塩もみした塩の分量を引くことです。塩もみで使った量を引き、塩もみ後は洗い流さず、茹でるようにしましょう。

冷凍方法

枝豆を少し固めに茹でたら、うちわなどで扇いで冷ましましょう。この時、ゆであがった枝豆を水にさらさないのがコツです。水にさらしてしまうと、枝豆が水っぽくなりおいしくいただけません。 また、自然に冷めるまで置いておくと、予熱で柔らかくなり、歯ごたえの無い枝豆になってしまいます。うちわや扇風機で一気に素早く冷ますとおいしい枝豆になりますよ。 そして、水気を拭きとって冷凍しましょう。ジップ付き保存袋になるべく平らに入れて、急速冷凍がおすすめです。この時、枝豆を大量に保存袋に詰め込みすぎると、解凍するときに小出しにできません。なるべくトレイなどで平らに冷凍してから、大きな保存袋へ移しましょう。面倒な方は、1回分を小分けにして冷凍するとラクですよ。
▼枝豆をレンジで茹でるコツも知りたい!

特集

FEATURE CONTENTS