冷凍でグンと長持ち!冬瓜の上手な保存方法&保存期間

名前から冬の野菜のイメージがある「冬瓜」ですが、実は夏の7〜9月が旬の時期。夏に収穫しても正しく保存すれば冬まで日持ちをすることから「冬瓜」と呼ぶんです。今回は、冬瓜の【常温・冷蔵・冷凍】の上手な保存方法をご紹介します。

2017年9月22日 更新

冬瓜(とうがん)の保存方法

冬瓜はそのほとんどが水分でできている野菜。冬という漢字がつきますが、旬は初夏から秋にかけて。みずみずしい、さっぱりとした冬瓜は、ぜひ暑い時期に食べるのがよいでしょう。

大きいものになると10kgを超す冬瓜。まるごと買ってきた場合にはその保存にも困りそうですよね。冬瓜を上手に保存する方法や保存期間を覚えて、おいしい冬瓜料理を楽しみましょう。
冬瓜は冷凍保存すれば長期の保存も可能になります。長持ちさせられる冷凍方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

常温で保存する場合

丸ごと保存

冬瓜を常温で保存する場合は、切らずに風通しの良い冷暗所で保存しましょう。カットしないことがポイントです。この場合の冷暗所とは、太陽の光が直接当たらない、15℃~25℃の温度が一定である場所を指します。

真夏日ですと、室内でも気温が上がりやすいので、暑くなりすぎないように注意してください。床下収納庫などがベストです。冬瓜をカットしてしまうと、断面から水分が抜けてパサパサになり、腐りやすくなります。

保存期間

丸ごとの冬瓜は、1〜3ヶ月程度の保存が可能です。販売時の輸送状態や保存状態にもよりますので、時間が経ってしまった場合は見ためや、感触、嗅いなど冬瓜の状態を確認してくださいね。

冷蔵庫で保存

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう