ローディング中

Loading...

目玉焼きがパサパサにならず、トロトロの半熟に仕上がるコツをご存じですか?フライパンやレンジを使った上手な作り方のコツ、さらにバターを用いる方法など、誰でも簡単に半熟の目玉焼きを作れるコツをご紹介します。

半熟のトロトロ目玉焼きを作ろう

目玉焼きの焼き加減は人それぞれ好みがあるもの。きれいでおいしい目玉焼きの特徴の一つはやはり、とろ~っとした半熟の黄身ですよね。

でも黄身を半熟にしようとすると白身が生焼けだったり、逆に白身をしっかり焼いてしまうと黄身がパサパサになってしまったり……。両面焼きの目玉焼きを作るより、時間に気を付けたりフライパンに張り付いたりラクじゃない!と思った経験もあるはず。簡単に作れると思われがちな目玉焼きですが、意外と難しいものですよね。

そこで今回は、誰でも簡単にとろとろ半熟の目玉焼きを作れる方法を、ご紹介します。

きれいな半熟に仕上げるコツ

きれいな半熟の目玉焼きを作るには、いくつかのポイントがあります。どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。

卵は常温に出しておく

卵は常温に戻しておきましょう。これは、冷蔵庫から出したばかりのよく冷えた卵を使うよりも、少しでもフライパンとの温度差を和らげるためなのです。朝の忙しい時間では、なかなか常温に戻す時間がないかもしれませんが、一番初めに卵を外に出しておくようにして、少しでも常温に戻しておきたいですね。

フライパンの温度は高く

卵を割り入れる前に、フライパンはしっかり熱しておきましょう。フライパンの温度が低いと、卵を割った時に白身が広がりすぎてしまうためです。

かと言って温度が高すぎると焦げ付きの原因にもなったり、白身の表面に空気の穴が開いてしまうなど、キレイな目玉焼きにならなくなってしまうので要注意。温度が高すぎると感じた場合は、濡れ布巾の上にフライパンを乗せて少し冷ましてから調理しましょう。

黄身が崩れないようにそっと入れる

卵をフライパンに割り入れる際、高いところから落としていませんか?高すぎると卵の黄身が崩れてしまうことがあるので、なるべくフライパンに近いところで割るようにしましょう。ただし、手を近づけすぎてヤケドしないようにしてくださいね。

上手にできるか不安な方は、一度小鉢などに卵を割り入れてから、フライパンにそっと入れると失敗しにくくなりますよ。

最後まで弱火

目玉焼きを作る時の火加減は、最初から最後まで弱火で。途中で強火にしたりする必要はありません。じっくりと弱火で焼きましょう。
▼半熟目玉焼きを使った丼レシピは、こちら!

黄身だけ半熟にする目玉焼きの作り方

黄身だけ半熟にしたいのに、白身が固まるのを待っていたら黄身も固くなってしまった、というのがよくある問題ですよね。そんな時は、割り終わった卵の殻、捨てるのはちょっと待って!黄身だけをとろ~っと半熟にするのはとても難しいのですが、この卵の殻を使った裏技で簡単にできてしまうのだそうです。

方法はとても簡単。フライパンに卵を割り入れたあと、殻の半分を黄身の部分にかぶせるだけ!この時、黄身を潰さないように十分注意してくださいね。なるべく、大きく割れた方の殻をかぶせるのがいいと思います。また、殻をかぶせるときに黄身の位置を真ん中に調整すると、よりきれいな目玉焼きに仕上がりますよ。

あとはいつも通りに焼いて、白身が焼きあがったらそーっと殻を外すだけ。一度外した殻を再びかぶせてしまうと、形が崩れてしまうことがあるそうなのでやめておきましょう。黄身の火の通りが足りないかな?と思ったら、調整しながら加熱してみてください。
▼トロトロ目玉焼きでおいしさ倍増!

じっくり10分焼き

目玉焼きは数分でサッと焼いてできあがり、としている方も多いかもしれませんが、弱火でじっくり10分ほど焼くことによってさらにおいしくなるそうですよ。

その方法は、卵を割り入れたらフタをして、ごく弱火で10分加熱するだけ。水はなるべく入れない方が良く、入れる場合でもほんの少しに留めるようにしてみましょう。これは水をたくさん入れてしまうと、一気に熱が伝わってしまい焼き上がりの熱量コントロールが難しくなるためだそうです。

このようにじっくり焼くことによって、ねっとり濃厚な目玉焼きに仕上がりますよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ネコちゃんも降臨!ローソンの新作「ハロウィンスイーツ」7選

ハロウィン まとめ

もうすぐハロウィン♩飾りつけだけでなく、食欲の秋も満たしたいですよね。身近なコンビニでもハロウィン商戦が始まっています。中でもローソンのハロウィン商品は注目です。見た目の可愛さはもちろん、おいしいローソンのハ…

なんちゃって韓国料理「春雨炒め」のレシピ!中華から和風まで15選

春雨 中華 まとめ

人気の韓国料理「チャプチェ」。しかしチャプチェは本来特別な春雨を使用して作るため、食材の調達が大変です。そこで今回は、手に入りやすい緑豆春雨で作る「なんちゃってチャプチェ」をご紹介!春雨炒めのレシピで、韓国気…

マンネリ打破!焼きそばのアレンジレシピ&おすすめトッピングでおいしさ倍増

焼きそば アレンジレシピ まとめ

いつもの焼きそばのソースや具をアレンジすると、おいしさが何倍にも広がります。調味料のちょい足しだけでも、まったく違う味が楽しめるんですよ。今回、調味料や具材をアレンジした焼きそばのレシピを15件ご紹介するので…

今秋のスタバはサボテン!? ちょっと変わった「限定オータムグッズ」10選♩

まとめ

今年もスタバから、毎年大人気の「オータムデザイン」のオリジナルグッズは販売されました!秋の定番、紅葉柄から今年注目のサボテン柄まで、バリエーション豊富にそろえています。マグやタンブラー、ボトルなどの人気商品を…

秋のカルディ本気モード!季節限定のおすすめ「新作フード」4選

まとめ

10月に入ってカルディから新商品が次々と販売されています。みなさんはもう試しましたか?チョコミントと海老が好きな人が喜びそうな注目商品を4つ選んでみました。気になっていた人も、まだ購入していない人もチェックし…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お鍋ひとつでらくらく!「ワンポットパスタ」のお手軽レシピ15選

レシピ パスタ おしゃれ まとめ

お手軽ランチにもぴったりなパスタ。確かに簡単に作れるのですが、鍋をいくつか使わなければいけないのでちょっと洗い物が面倒ですよね。そんなときは「ワンポットパスタ」がおすすめ。なんとお鍋ひとつでパスタが完成してし…

野菜で麺を作るベジパスタ(ヌードル)11選!アメリカのダイエットトレンド食

レシピ パスタ まとめ

パスタを食べたいけどカロリーが....という声をよく聞きますが、それを解決するのがこれ!野菜でパスタを作って大幅カロリーダウンするベジヌードルダイエットが今アメリカでじわじわ人気です。野菜を麺にする専用の機械…

ボリューム満点!!厚揚げステーキのアレンジレシピまとめ★

豆腐料理 アレンジレシピ まとめ

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

「揚げない揚げ物料理」のレシピ8選 - こんなの待ってた♪

レシピ まとめ 揚げ物

美味しい物はやっぱりカロリーが。揚げ物もその一つですよね。。。揚げないで揚げ物が作れたらなんて素敵なんだろう。ちょっと待って下さい!そんな夢のようなレシピがあるんです☆という事で、今回は揚げないけど揚げ物が作…

冷製スープのレシピ「7」選 - 暑い夏に欲しくなる☆

スープ レシピ まとめ

これから夏に向けてだんだん暑くなってきますよね。暑くなると食べたいのはやはり冷たいもの!ここ最近はスープも温かいものばかりではなく冷たいものも人気を集めています☆今回は家で作れる冷製スープを今回は紹介したいと…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る