味付けいろいろ♪ ジャーマンポテトの基本レシピ&アレンジ5選

ほくほくしたじゃがいもの食感がたまらない、ジャーマンポテトの基本レシピをご紹介します。ボリュームたっぷりで味付けもしっかりしているため、おかずのほか、おつまみやお弁当にも大活躍!チーズやカレーを使ったアレンジレシピのほか、おいしく仕上げるポイントもありますよ♪

2019年11月7日 更新

ビールに合う!「ジャーマンポテト」の基本レシピ

まずは、macaroni編集部のプロの料理家が考案する、ジャーマンポテトの基本レシピをご紹介します。こちらではベーコンを使っていますが、ウインナーでもおいしく作れますよ。
調理時間:25分

材料(2人分)

・じゃがいも……3個(250g)
・玉ねぎ……1/2個
・ベーコン……2枚
・オリーブオイル……大さじ1杯
・塩こしょう……少々

下ごしらえ

・玉ねぎは繊維にそって薄切りにします。
・ベーコンは1cm幅に切ります。

作り方

ひと口大に切ったじゃがいもを水にさらしている

Photo by macaroni

1. じゃがいもは皮をむき、ひと口大に切って水にさらします。
じゃがいもの入ったボウルにラップをかけている

Photo by macaroni

2. じゃがいもの水気を切って耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけてレンジ600Wで5分加熱します。
フライパンでベーコンを炒めている

Photo by macaroni

3. フライパンにオリーブオイルを引いて熱し、ベーコンを入れて軽く炒めます。
フライパンでベーコンと玉ねぎを炒めている

Photo by macaroni

4. 玉ねぎを加えてさらに炒めます。
フライパンでベーコンと玉ねぎとじゃがいもを炒めている

Photo by macaroni

5. 玉ねぎがしんなりしたら、2のじゃがいもを加えて炒めます。
ジャーマンポテトが盛り付けられた青いお皿を両手で持っている

Photo by macaroni

6. じゃがいもに焼き色が付いたら、塩こしょうで味を調えて完成です。
【レシピ提供 macaroni】

ジャーマンポテトを作るときのポイント

じゃがいもは焼く前に加熱しておく

ジャーマンポテトで一番時間がかかるのが、じゃがいもに火を通すこと。時短で作りたい!というときには、レンジでチンしておくのがおすすめです。レンジでチンすると、フライパンで焼き色をつけるだけでOK♪ レンジの個性もあるので様子を見ながら、爪楊枝がスッと入るくらいまで加熱しましょう。

皮付きだと崩れにくい

形しっかりのジャーマンポテトを!という方におすすめなのが、じゃがいもの皮を付けたまま調理する方法。皮付きで調理すると炒めても崩れにくく、きれいな形に仕上がります。皮が薄くてやわらかい新じゃがで作るとおいしいですよ♪
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちかこ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう