賞味期限切れは?ベーコンの賞味期限とベストな保存方法まとめ

セール時に大量に買ったり、ブロックのベーコンを買ったものの、なかなか使い切れず時間が経過。保存食だと思って安心していたら、いつの間にか賞味期限が切れていた!ということはありませんか?気になるベーコンの賞味期限と適切な保存方法をお教えします。

ベーコンの賞味期限

朝ご飯には軽く焼いたベーコンと目玉焼きにトースト。お昼のお弁当にはトマトのベーコン巻き、夕飯には厚切りベーコンでカルボナーラと、いつでもどこでも使いyすいベーコンは食卓の味方。大量に安く売っているとついつい買ってしまうものですよね。
ですが、冷蔵庫に入れっぱなしにしたまま、いつの間にか賞味期限が切れてる!という経験はありませんか?スーパーやコンビニで売っているパック詰めされたベーコンにはたいてい表示されている「賞味期限」。この賞味期限が切れたベーコンを皆さんはどうしているでしょうか。気にせず食べていますか?廃棄していますか?
そもそも「賞味期限」とは、メーカーが保証する「おいしく食べることができる期間」のことであって、”未開封の状態で製品に表示されている保存方法を保つこと”が前提条件です。基本的には、長期的に保存がしやすい加工食品に対して設定されています。ベーコン以外にも、ハムやソーセージ、乳製品などに表示されています。
そのため、賞味期限を過ぎたからといって、すぐ食べられなくなるわけではないのです。いつまで食べるのかは、その時の保存状態によって匂いや見た目を確認したうえでの、個人の感覚に委ねられています。では、ベーコンの賞味期限はどの程度なのか、賞味期限を過ぎた場合はどうすべきなのか、保存方法はどうすべきなのかをまとめて見ていきましょう!

ベーコンの賞味期限は1ヶ月とも

ベーコンはもともと保存食で、豚肉を塩漬けして燻製にしたものです。本来は、冷蔵庫が無かった時代でも保存が効くように塩気が濃かったり、乾燥や燻製の度合いが強かったりするのですが、現在一般的にスーパーで売られているベーコンは薄味で旨味調味料が入っているため、本格的なベーコンとは異なっています。
ベーコンの賞味期限は、種類や塩分によって差がありますが、一般的には10〜21日程度のものが多いです。塩水につけて、薫製した本格的なベーコンは賞味期限が比較的長く、21日程度。これは保有水分量が少ないことも理由の一つです。一方、スーパーやコンビニで一般的に販売されているベーコンは、作り方が全く異なり、製造過程で薬品に漬けて作ることが多く、水分量も多いため、賞味期限は1週間程度です。
また、ベーコンによっては、燻製したあとに真空パックしてあるものもあり、その場合は賞味期限が6か月間程度と長くなっている場合もあります。

開封後の賞味期限は?!

設定されている賞味期限は”未開封”の状態での期限です。一旦封を開けると、空気に触れて細菌が入ってしまったり、保存状態が劣化する場合があります。「開封後はお早めにお召し上がりください。」と、パッケージに記載されている通り、3~4日を目安に使い切るようにしてください。

ベーコンの保存方法

それでは、買ってきたベーコンはどのように保存するのが一番良いのでしょうか。順番に見てきましょう。

冷蔵保存

ベーコンは保存食ですが、冷蔵保存が適しています。特にスーパーなどで購入するベーコンはさほど日持ちしないため、常温ではなく冷蔵がおすすめです。真空パックに入っている場合も、真空パックのまま冷蔵庫に入れてください。

開封後の保存方法

ベーコンの保存方法のポイントは、いかに酸素に触れさせないかです。開封した場合は、空気を抜いてラップで包んむか、フリーザーバックに入れて空気を抜いてください。開封後は早めに使いきっていただきたいですが、無理な場合は早めに冷蔵庫から冷凍庫にうつすようにしてください。

冷凍保存

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう