ほっこり家庭の味♪「炒り豆腐」の基本レシピ&保存方法

野菜がたっぷり入った「炒り豆腐」の基本レシピをmacaroni動画でご紹介します。ひと口頬張ればやさしい味わいで毎日でも食べたくなりますよ。初心者さんでも挑戦できる料理なので、ちょっとしたコツで仕上がりがぐんと変わります。たくさん作った際の保存方法も要チェックです!

2019年8月22日 更新

野菜たっぷり「炒り豆腐」の基本レシピ

調理時間:20分
※豆腐を水切りする時間は含みません。

材料(2人分)418kcal/人(※)

・木綿豆腐……1丁(300g)
・鶏ひき肉……100g
・にんじん……1/3本
・しいたけ……2枚
・いんげん……3本
・卵……1個
・ごま油……大さじ1杯
a. だし汁……100cc(水:100cc、だしの素:大さじ1/2杯)
a. みりん……大さじ2杯
a. 砂糖……小さじ2杯
a. 醤油……大さじ2杯

下ごしらえ

・木綿豆腐はキッチンペーパーで包み、重しをのせ30分水切りをします。
・にんじんは1cm幅の短冊切りにします。
・しいたけは石づきを落として薄切りにします。
・いんげんはへたを落として1cm幅に切ります。
・卵は溶きほぐします。

作り方

フライパンで鶏ひき肉を炒めている様子

Photo by macaroni

1. フライパンにごま油を引いて中火に熱し、鶏ひき肉を色が変わるまで炒めます。
フライパンで鶏ひき肉と野菜を炒めている様子

Photo by macaroni

2. にんじん、しいたけ、いんげんの順に加え、その都度炒めて火を通します。
フライパンの中で木綿豆腐を崩している様子

Photo by macaroni

3. 2に豆腐を加え、木べらでつぶしながら炒め合わせます。
味付けされた炒り豆腐

Photo by macaroni

4.(a)の調味料を加えて、水分を飛ばすように中火で4分煮詰めます。
卵を加えた炒り豆腐をフライパンで炒めている様子

Photo by macaroni

5. 溶き卵を回し入れ、全体を大きく混ぜ合わせます。
和食器に盛られた炒り豆腐

Photo by macaroni

6. 器に盛り、お好みで万能ねぎを散らして完成です。
【レシピ提供 macaroni】

豆腐はしっかり水切りするのがポイント

豆腐は最初に水切りをおこないますが、このときしっかりと水を切らないとべちゃっと水っぽい仕上がりになってしまいます。「水切りのために30分も時間をとれない!」という方は、電子レンジを使うと時短で済ませられるのでおすすめですよ!

どれくらい日持ちする? 炒り豆腐の保存方法

炒り豆腐をたくさん作った場合、清潔な保存容器に移して冷蔵庫で保存するようにしましょう。冷蔵保存をすれば約2〜3日ほど日持ちしますが、なるべく早く食べきるようにしてくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

りこぴん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう