ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

おせちやちらし寿司に使われることの多い酢れんこん。既製品は酢が強かったり、薄くスライスされていて歯ごたえがイマイチなこともしばしばです。でも、手づくりなら、絶妙なシャキシャキ感をキープできますよ!しかも、鍋ひとつでできるお手軽さ!

酢れんこんは優秀な簡単おつまみ♩

おせちやちらし寿司に入っていることの多い酢れんこん。見た目を華やかにしてくれるので、作り方を知っていると、お祝い事の時などに便利な一品です。

ただ、既製品を買って食べようとすると、表面が乾いていたり、薄すぎて食感が弱かったり……。おつまみとして単品で食べるには今ひとつ物足りないですが、手作りの酢れんこんはまったくの別物!それ一品で十分なおつまみになるんですよ。

手作りの酢れんこんは、つけあわせではなく、ぜひそれだけで楽しんでみて下さい。れんこんのしゃっきりとした歯ざわりがたまりません。しかも、調理は簡単!厚めに切って鍋でひと煮立ちするだけです。

鍋ひとつでできる『酢れんこん』レシピ

分量(4人分)

れんこん 150g
A 水 200cc
A 酢 100cc
A みりん 大さじ2
A 砂糖 大さじ2
A 塩 小さじ1/2
A 昆布 一枚(一口大にカットしたもの)

作り方

①れんこんは皮をむき、厚さ5mm程度に輪切りして酢水(分量外)にさらす。
酢水はボウルいっぱいの水に対して、酢小さじ1程度が目安です。
②Aを鍋に入れて弱火にかける。
③沸騰直前で昆布を取り出す。
昆布を煮てしまうと昆布からぬめりが出て出汁がまずくなります。また、取り出さずに煮ることで、昆布がせっかく出た出汁を吸ってしまうので、必ず取り出しましょう。
④ひと煮立ちしたら火を止め、自然放置する。
⑤れんこんをザルにあけ、花形に切る。
【花形の切り方】
写真のように、れんこんの穴と穴の間をV字にカットします。
ぐるっと一周カットしたら、いびつな切り口を包丁で微調整して出来上がり。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豚肉 レシピ まとめ

安い豚肉でも簡単な調理法でおいしくなる「紅茶豚」。基本の紅茶豚から圧力鍋で楽々作る方法まで人気レシピをご紹介します。臭みが抜けて、上品な香りと味わいが、おもてなしにもぴったり!普段の豚肉料理を格段にアップでき…

レシピ まとめ

キヌアは普通の精米と比較して少ない炭水化物でタンパク質が2倍、食物繊維が8倍、また10倍のカルシウムを含んでいるそうです。低GI値でもあるので、他のヘルシーな食材と組み合わせればダイエットに有効な食品なんです…

レシピ フレンチトースト チーズケーキ レモン アレンジレシピ まとめ

食べたらまるでチーズケーキのようなフレンチトーストがあります。いつものフレンチトーストにちょっと一味加えたら食感、味ともにチーズケーキのように仕上げることができますよ!休日の朝ごはんに♡おやつタイムに楽しめる…

チーズ レシピ まとめ パン

チーズ好きな方は多いと思います...私もその一人。多様な食べ方ができるチーズですが「グリルドチーズ」というのがあるそうですよ。考えるだけで心ときめく焼きチーズサンド♪簡単につくれますので是非おためしくださいね。

にんにく レシピ まとめ クリームソース

「にんたま」と言ったら「乱太郎?」と思ってしまったんですが(笑)違っていまして、にんにくと玉ねぎのジャムなんだそうです。いろいろな料理にも使えそうな「にんたまジャム」基本の作り方とそれをアレンジしたレシピをご…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る