それぞれの違いがわかるレシピ

最後に、ご紹介した「ボロネーゼ」「ミートソース」「ラグー」のレシピをご紹介します。いつも食べている料理でも、食文化の違いを知ってからだとまた違った発見があるかもしれませんよ。

ボロネーゼのレシピ。タリアテッレ・アル・ラグー

牛ひき肉に、豚バラ肉の塩漬け「パンツェッタ」やベーコン、セロリにトマトペースト、赤ワインを加える伝統的なレシピです。すりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズをたっぷりとかけていただきましょう。赤ワインとの相性も抜群ですよ。

ラグーのレシピ。パッケリと夏野菜のラグー

ケチャップやワインは一切使わず、肉と野菜の旨みを生かしたラグーソースに仕上げます。あわせるのは、ナポリの大きなショートパスタ「パッケリ」。素朴な味わいで、伝統的なラグーの味わいを楽しめますよ。

ミートソースのレシピ。コク旨ミートソーススパゲッティ

Photo by macaroni

こちらのミートソーススパゲッティは、隠し味に赤ワインを加えコク深い味わいに仕上げます。トマトとケチャップだけで作るよりも味わいが豊かになり、大人から子どもまで食べ飽きずにいただけます。たっぷりの粉チーズをかけていただく、どこか懐かしい定番の味です。

歴史あるボロネーゼの味わいを楽しんで

ボロネーゼは、イタリア内外で古くから愛されているパスタソースです。発祥や違いを調べてみると、その国独自の文化を知ることができて料理をさらに楽しめますね。今度ボロネーゼを食べる機会があれば、その歴史に思いをはせながらじっくりと味わってみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ