ボロネーゼとミートソースの違いって?よく似たラグーとの違いまで解説!

大人から子供まで愛されているミートソースパスタ。ミートソースによく似たパスタにボロネーゼがありますが、あなたはこの2つの違いを知っていますか?ボロネーゼとミートソースの違い、そしてもう1つの似ているパスタ、ラグーについても紹介します。

ボロネーゼとミートソースは違う?

ボロネーゼとミートソースの違いですが、実は基本的には同じものなのです。明確な線引きは定義されておらず、違うのは、その発祥だけのようです。

ミートソースは、戦後にアメリカから輸入してきたパスタを指します。その後、日本全国に広まりました。一方、ボロネーゼはイタリアの都市ボローニャが発祥のパスタです。

調べてみると、日本でいう「ミートソース」がイタリアでは「ボロネーゼ」を指しているようなのです。つまり、元はイタリアのボロネーゼで、最初にアメリカから上陸したことで英語のミートソースとして定着した、と考えられます。

ボロネーゼとは

「ボロネーゼ」はイタリア語で「ボローニャ派」を表す単語で、先にご説明した通りボローニャとはイタリアの都市の名前です。ボローニャは美食の街として有名で、その中でも代表する料理が「ボロネーゼ」なのです。ボローニャでの正式料理名は「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」といい、ボローニャ風煮込み料理といった意味になります。

基本的な作り方は、オリーブ油でニンニク、玉ねぎ、ニンジン、セロリ、トマトといった野菜と、ひき肉を炒めてワインで煮込みます。それを、パスタと合わせていただくのがボロネーゼです。ミートソースはワインを使わない場合が多く、そこに若干の違いがあるようですね。

ミートソースとは

「ミートソース」とは、先ほどご紹介したように、戦後に進駐軍が食べていたものが洋食として日本に広まったのが始まりと言われています。その後、1959年にキューピーがミートソースの缶詰を発売し、一般家庭に定着しました。

ボロネーゼとミートソースは、作り方や材料に大きな違いはありませんが、ミートソースは砂糖やケチャップ、ウスターソースなどで甘味を加えることが多く、ボロネーゼよりも甘めの仕上がりになっていることが多いようです。

ラグーとの違いは何?

ラグーとは

ラグーとは、イタリア語で「煮込み」を意味する単語です。一般的に、肉や魚介類を大きめに刻んで煮込んだ料理のことを指します。味付けや食材に決まりはありません。

ラグーの作り方の特徴

ラグーは、肉や魚介などどのような食材でも作れます。

単純にラグーという場合は、肉や魚介をシチューのように大きめにカットし、野菜と一緒に煮込んだスープ料理。また、ラグーソースとは、食材を食べやすいように小さめに刻みソースにしたもののことをさします。

パスタの麺でも違いがわかる

実は、ボロネーゼは使うパスタが決まっています。それは「タリアテッレ」という種類のパスタです。そのため、ボローニャではリングイネなどのパスタを使ったものはボロネーゼと呼ばず、このタリアテッレを使ったものだけをボロネーゼと呼びます。

なお、タリアテッレとは、幅5〜8mmのきしめん状の生パスタのことで、フィットチーネとの呼び名も。日本では、フィットチーネの方がなじみがありますね。

それぞれの違いがわかるレシピ

野菜たっぷりミートソースパスタ

ひき肉とみじん切りにした野菜を炒めます。トマトソースを加えて煮込んだら、ケチャップ、中濃ソースを加えてさらに煮込んでいきます。茹で上がったパスタにかければできあがりです。たっぷりの粉チーズをかけていただく、どこか懐かしい定番の味です。

特集

SPECIAL CONTENTS