ローディング中

Loading...

お店で食べるドライカレーやキーマカレー。その違いは知っていますか?どちらも身近なメニューですが、いざ聞かれるとはっきり答えられない方も多いのでは。今回は、ドライカレーとキーマカレーの違いをご説明します!おいしく作れるレシピもご紹介しますよ。

キーマカレーとドライカレーの違いって?

キーマカレーとドライカレーの大きな違いは、材料と水分量にあります。一般的に、キーマカレーはエスニック料理店やカレー専門店で見かけることが多く、ドライカレーは喫茶店などで食べることができる身近なメニューです。

ですが、具体的に何がどう違うのかと聞かれると迷ってしまいますよね。今回は、キーマカレーとドライカレーの特徴や違いについて詳しくご紹介します。驚くような発見があるかもしれませんよ。

ドライカレーとは

ドライカレーと呼ばれるものは、乾燥したカレーのことを言います。汁気のないカレー全般を指すようで、日本ではカレー風味のチャーハンのこともドライカレーと呼びます。

レストランや喫茶店で見かけるカレーチャーハンやカレーピラフもドライカレーの部類に入るのだそう。使用する材料にも決まりは無く、水分量が少ないものをドライカレーと呼びます。

実は、ドライカレーは日本オリジナルのメニューだそうで、カレーライスのバリエーションの1つと考えて良いでしょう。

キーマカレーとは

一方、インド料理であるキーマカレーは、ひき肉を使用して作っています。料理名である「キーマ」は、ヒンディー語で細切れ肉やひき肉を意味します。大まかに、ひき肉で作るカレー料理のことをキーマカレーと呼んでおり、調理法などの細かい決まりはありません。

インドでは地域や宗教によって、素材や調理法が違います。肉はひつじや山羊、鶏肉を使用したキーマカレーがほとんどのようです。牛肉や豚肉を使用して作るキーマカレーもありますが、ごくわずかだそう。

素材はひき肉や玉ねぎ、ニンニクなどのスパイスが使われ、ご飯やチャパティと一緒に食べることが多いそうです。

どっちもひき肉カレー、具材に違いは?

キーマカレーはトマト、ナス、じゃがいも、ひよこ豆などの具材とスパイスを組み合わせたものが多いです。これに対し、ドライカレーはひき肉と、主に玉ねぎのみじん切りをよく炒めたものをご飯の上にのせ、カレー粉を使いご飯を炒めるピラフタイプのものが多いです。

どちらも具材に決まりはありませんが、具はキーマカレーよりもドライカレーの方が少ないものが多いそうです。野菜をたっぷり取りたい、カレーだけでは栄養バランスが気になるといった方はキーマカレーの方が良いかもしれませんね。

ちなみにカレーライスはいつから?

大人から子供まで大好きなカレーライス。自宅で作るとオリジナルの味を求め、あれこれ追加してしまう方も多いのではないでしょうか。子供のころから食べているカレーライスですが、日本ではいつ頃から食べられているのでしょうか?

カレーは18世紀インドからイギリスに伝わったそうです。明治時代にイギリスから日本へカレーが伝わったという記述が、「西洋料理指南書」にも記されています。ですが、ここに紹介されているカレーの作り方は、今とは大きく違うようです。食材にはカエルや長ネギを使用して作られていたようで、驚きですね。

それ以降、今のカレーの材料であるじゃがいもやニンジン、玉ねぎなどおなじみの食材が北海道などで栽培され、使われるようになりました。そして、リーズナブルなカレー粉が広がり、大正時代に今のようなカレーライスの原型ができたと考えられています

基本的なドライカレーの作り方

アレンジもしやすく、作り置きもしやすいドライカレー。まずは基本のレシピを押さえておきましょう。

牛ひき肉のドライカレー

ルーから手作りにこだわった、本格的なドライカレーです。野菜は細かくみじん切りにし、順番にフライパンで炒めていきます。野菜に火が通ったら、カレー粉や牛肉をを加えて仕上げていきましょう。バターライスに出来上がったドライカレーをかけると、ふんわり良い香りがしてきます。

基本的なキーマカレーの作り方

次に、基本のキーマカレーレシピをご紹介します。
本格的なキーマカレーを作りたいのであればラム肉がおすすめ!カレールウを使用して作るため、初めての方でも失敗しにくいですよ。作り方も簡単!

大きな鍋で材料を炒めます。野菜に熱が入り、肉の色が変わったらカレー粉と調味料を加えます。水を加えて味付けをし、煮込んだら完成です。本格的な味わいを楽しみたいのであれば、タイ米を使ったり、ジャスミンティーで炊いてみるのも良いですね。

違いがわかって納得!

普段はあまり気にしないで食べていましたドライカレーとキーマカレー、違いが良くわかりましたね。ドライカレーは日本オリジナルのメニューだと知り、少し驚きました。

一方、インド料理店など専門店で食べるキーマカレーは、お店によって味も大きく違います。基本のレシピを参考にしながら、家庭の味を探してみてくださいね。スパイシーなカレーは、暑い時期に最適なメニューです。本格的なドライカレーとキーマカレーを作ってみてください。
▼他にも似たような違いをスッキリ解決!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー

資生堂パーラー銀座本店で、「夏のGINZAカリーフェア」が開催されます。定番のカレーライス3種に加え、フェアでは伝統のカレーソースをアレンジし、厳選素材を組み合わせたこだわりのカレーメニューが登場します♩

パン デニッシュ

コロンとした形の「ブリオッシュ」を食べたことありますか?ブリオッシュとはパンなのかお菓子なのか、またその形の意味や由来など、今回はブリオッシュについてのあれこれをご紹介。ダルマのような可愛らしい見た目ですが、…

「シーチキン」と「ツナ」、似たようなものを指しているようだけれど、名前が違うのは何故……と思ったことはありませんか?今回は、そんな素朴な疑問を解決します!違いはあるのでしょうか、それとも同じものなのでしょうか…

キャンプの経験がある方は飯盒炊飯(はんごうすいはん)でご飯を炊いた経験はありませんか?外でご飯を炊くのに便利な飯盒炊飯ですが、飯盒炊爨(すいさん)じゃないの?と思われたかたはいるでしょうか。果たして正しいのは…

カレー

無印良品の現在30種類以上が発売されているレトルトカレーシリーズに、新たに「素材を生かしたカレー サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)」が登場!ほうれん草、ケール、小松菜の3種類の青菜が使われた、深みのあ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レストラン フランス料理 イタリア料理 まとめ

パートナーや友人との大切な食事の席、あなたはどんなお店を思い浮かべますか?そろそろレストランのコース料理をリストに追加してもいいお年頃。まだちょっと怖いと思っている初心者の人でもウェルカムの「レストランひらま…

サンドイッチ 大阪

麻布十番で有名な「天のや」のサンドイッチが、大阪駅直結の商業施設・ルクアイーレにて購入できるようになりました。ふわふわの厚焼き玉子が挟まったメガヒット商品は、オープン初日から行列ができるほどの人気ぶり。今日は…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る