ドライカレーとキーマカレーの違い、言える?違いがわかるレシピ付き!

お店で食べるドライカレーやキーマカレー。その違いは知っていますか?どちらも身近なメニューですが、いざ聞かれるとはっきり答えられない方も多いのでは。今回は、ドライカレーとキーマカレーの違いをご説明します!おいしく作れるレシピもご紹介しますよ。

2018年12月4日 更新

ちなみにカレーライスはいつから?

大人から子供まで大好きなカレーライス。自宅で作るとオリジナルの味を求め、あれこれ追加してしまう方も多いのではないでしょうか。子供のころから食べているカレーライスですが、日本ではいつ頃から食べられているのでしょうか?

カレーは18世紀インドからイギリスに伝わったそうです。明治時代にイギリスから日本へカレーが伝わったという記述が、「西洋料理指南書」にも記されています。ですが、ここに紹介されているカレーの作り方は、今とは大きく違うようです。食材にはカエルや長ネギを使用して作られていたようで、驚きですね。

それ以降、今のカレーの材料であるじゃがいもやニンジン、玉ねぎなどおなじみの食材が北海道などで栽培され、使われるようになりました。そして、リーズナブルなカレー粉が広がり、大正時代に今のようなカレーライスの原型ができたと考えられています

基本的なドライカレーの作り方

アレンジもしやすく、作り置きもしやすいドライカレー。まずは基本のレシピを押さえておきましょう。

牛ひき肉のドライカレー

ルーから手作りにこだわった、本格的なドライカレーです。野菜は細かくみじん切りにし、順番にフライパンで炒めていきます。野菜に火が通ったら、カレー粉や牛肉をを加えて仕上げていきましょう。バターライスに出来上がったドライカレーをかけると、ふんわり良い香りがしてきます。

基本的なキーマカレーの作り方

次に、基本のキーマカレーレシピをご紹介します。
本格的なキーマカレーを作りたいのであればラム肉がおすすめ!カレールウを使用して作るため、初めての方でも失敗しにくいですよ。作り方も簡単!

大きな鍋で材料を炒めます。野菜に熱が入り、肉の色が変わったらカレー粉と調味料を加えます。水を加えて味付けをし、煮込んだら完成です。本格的な味わいを楽しみたいのであれば、タイ米を使ったり、ジャスミンティーで炊いてみるのも良いですね。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう