ローディング中

Loading...

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いって何かご存知ですか?同じもので、呼び名が違うだけなのでしょうか?ふたつの微妙な違いを解説します!さらにはビーフシチューやビーフストロガノフの違いについても調べてみました。

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いは?

白米を主食とする日本人にとって、ごはんに何かをかけて食べるとことにはこだわりがありますよね。ご飯にかけて食べるものといえば牛丼やカレーが思い浮かぶのですが、ハヤシライスも大好物という人も少なくないでしょう。

ハヤシライスと言えば、次に出てくるのがハッシュドビーフですが、両者の違い、ご存じですか?実際にどの点が違うのか、はたまた全く同じものなのか、いろいろ調べてみました。

じつは、違いは曖昧!

ハッシュドビーフは薄切り牛肉とタマネギを炒めて、デミグラスソースで煮込んだものです。その名前から西洋の料理と思われがちですが、実はれっきとした日本生まれの料理。日本生まれの西欧風料理ということですね。完成度の高さから、西洋でも白米にかけずにそのまま食べてもおいしいと好評となりました。

デミグラスソースで煮込んだものが日本独自ということで、ハッシュドビーフという呼び名はもともと西欧にもあったそうですよ。

対するハヤシライスはどうでしょうか。ハヤシライスはデミグラスソースではなく、トマトソースで煮込んだもの?と覚えている方も多いと思います。ですが、ハッシュドビーフもトマトソースで煮込むことがありますし、ハヤシライスもトマトソースではなく、デミグラスソースで煮込むこともあるのです。

デミグラスソースで煮込む、あるいはトマトソースで煮込むというような違いでハッシュドビーフとハヤシライスを区別したい人もいますが、実際には、その違いは曖昧なんです。

ハッシュドビーフとは

ハッシュドビーフは日本生まれと書きましたが、西欧にもハッシュドビーフがあります。
というのも、タマネギなど刻んだ野菜と肉を煮込んだ料理のことを指す言葉だったのです。

それをさらにデミグラスソースで煮込んだのものが、日本でのハッシュドビーフになったわけです。インドのカレーを持ち込んで独自のカレー文化を作ったことと、どこか似ていますね。

ハヤシライスとは

上述したように、ハッシュドビーフとハヤシライスの作り方に変わりはありません。ソースの違いを指摘する方もいますが、それも曖昧なものです。ですので、両者についてはそれほど大きな違いはなく、好みで名前を呼べばいい、というくらいの気持ちでいいでしょう。

それでも、一般的には「ハヤシライスはトマトソース」というイメージが定着しているのも事実ですね。次にハヤシライスの語源について説明しましょう。

語源について

ハッシュドビーフを元にして日本風にアレンジしたのがハヤシライス、と考えている人も少なくありません。実際にそうであるのか、実は全く違うのかはかなり曖昧で、これが真実だ、というものはないそうです。

一説には、丸善を創設した、早矢仕有的さんが考案したというものがあります。自分で牛肉と野菜を煮込んで、友人や丁稚に振る舞ったので、振る舞った人の名を取って、ハヤシライスとなったというのです。

また、ハッシュドビーフという言葉が訛って、ハヤシライスになったという説もあります。いずれにしても、はっきりとした真相はないようですね。

ビーフシチューとの違いは肉の厚み

ハッシュドビーフとハヤシライスの関係ほか、ビーフシチューやビーフストロガノフとの違いも気になりますよね。これらはどのような料理なのでしょうか。

ビーフシチューは、牛肉に野菜のタマネギ・にんじん・じゃがいもなどを煮込んだものです。ブイヨンで長時間煮込み、デミグラスソースで味付けをします。ここまで見ると、ハヤシライスの豪華版がビーフシチューのようですね。最大の違いはお肉の大きさという意見も。ビーフという名前が付いているとおり、肉の厚みはビーフシチューのほうが上のようですね。

ビーフストロガノフとの違いは?

では、ビーフストロガノフはどうなのでしょうか。名前からイメージできる人もいるかもしれませんが、ビーフストロガノフはロシア料理です。ストロガノフは人の名前だそうです。
ビーフストロガノフも牛肉を煮込みます。食材もほぼビーフシチューと同じなのです。ビーフストロガノフは仕上げにサワークリームを入れて見た目を白くするという特徴があります。この白い見た目がこれまでの3つとの見分け方と言えますね。ハッシュドビーフやハヤシライスと比較して牛肉の比率が高くなるのは、ビーフシチューと変わらない点です。

ボルシチはデミグラスソースなし

ボルシチは、ロシア料理として名前がよく知れています。スープとして日本でも親しまれていますが、実は具だくさん、お肉もたっぷり使った煮込み料理なのです。寒い地でもあるロシアでは温かい料理が好まれ、中でも煮込み料理は定番中の定番となっています。ロシア料理として名が通っていますが、生まれはウクライナということのようですよ。

ボルシチの特徴は真っ赤なスープということですよね。これは、甜菜の一種であるビーツによるものです。赤いからといって辛みがあるわけではありませんよ。

ビーツ以外の食材はビーフストロガノフやビーフシチューと比べて大差はありません。一方、デミグラスソースを使わない点が、ハッシュドビーフ、ハヤシライスとは違う点ですね。

それぞれの特徴がわかるレシピ

お料理は、自分で実際に作ってみた方が違いが分かりやすい!ということで、それぞれのレシピをご紹介します。ぜひレシピを参考に作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスに似ているハッシュドビーフ。なんとなくマンネリ化してしまいませんか?難しいと思われがちなハッシュドビーフも、じつはちょっと手を加えるだけで本格的に仕上がります。今回は、なかでも人気のレシピを厳選し…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

ハヤシライス レシピ ドリア パスタ グラタン オムライス

残ったハヤシライスをおいしく食べる、リメイクレシピ22選をご紹介!王道リメイク「ドリア&グラタン」や「パスタ」「オムライス」の他に、「スープ」や「コロッケ」のレシピもありますよ。新しく変身したハヤシライスに出…

ハヤシライス レシピ 洋食 カレー

おいしいんだけど、ちょっと物足りない……。そんないつもの「ハヤシライス」をグンと格上げしてくれる隠し味を、12個ご紹介します。スーパーでついでに買えるあの商品で、こんなにおいしくなるなんて!と驚くこと間違いな…

調布 ハヤシライス オムライス

東京の調布市にある「CAFE BunS(カフェバーンズ)」は古き良きアメリカを思わせる内装の洋食レストラン。ここの看板メニューである「オムハヤシライス」と「東京ハヤシライス」、そして「レトロ・ナポリタン~名古…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る