さやいんげんのピーナッツ和え

事前に、さやいんげんは少々の塩を入れて熱湯で茹で冷ましておきましょう。十分に冷めたところでさやいんげんを斜めに切ります。さやいんげんをボールに入れ、煮切りみりん、煮切り酒、白だし、砂糖、ピーナッツパウダーを足して、よく混ぜたら完成です。

余った煮切りみりんの保存方法

余った煮切りみりんは、常温で保存するのではなく、冷蔵庫で保存しましょう。これは、アルコールが飛んでおり、品質を保持したまま長期保存することが難しくなっているからです。 ですから、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。煮切りみりんが余ってしまったときは、刺身醤油などに煮切りみりんを加えると醤油の角がとれてまろやかな味になりますよ。酢漬けなどにも使えますし、煮切りみりんの使いどころはたくさんあります。 日々の料理で登場する機会はたくさんありますので、色々と試してみてくださいね。

「煮切る」をしっかり覚えて料理上手!

「煮切る」についてお分かりいただけましたか?煮切るという工程は、みりんや酒を使う和食を作る上で大事なことです。煮切るという言葉は、日本酒とみりんにしか使いませんが、この2つはさまざまな料理で味付けの基本となる調味料。煮切るの意味と方法をしっかり覚えておけば、今よりもっと料理上手になれますね。
▼料理の基本、教えます
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS