旨みも栄養もギュッ!「ドライトマト」の作り方&活用レシピ15選

今回は、旨みあふれる「ドライトマト」の作り方をご紹介します。オーブンを使う基本レシピだけでなく、電子レンジやトースターで簡単に作る方法まで!活用レシピもまとめていますので、ドライトマトを食卓に取り入れてみませんか?

2018年6月6日 更新

ドライトマトにするメリット

まず第一に、保存性がアップします。水分が抜けるため、傷みにくくなるんですね。また、旨みが増すのも嬉しいポイント。料理に加えるだけで、上質な味わいに仕上がります。

もっとも注目したいのが、栄養面。水分が抜ける分、少量でもギュッと栄養素が凝縮されるんです。例えば抗酸化作用が期待されるカロテン(β-カロテン当量)を100gあたりで比較すると、ミニトマトだと960μgですが、ドライトマトにすると2600μgにまでアップするんです!

ただ、ビタミンCなどの熱に弱い栄養素は、ドライトマトだと減ってしまうので気をつけてくださいね。

オーブンを使うドライトマトの作り方

栄養も豊富でおいしいドライトマト。お店でも買えますが、手作りなら仕上がりの硬さを調整でき、価格も抑えることができます。こちらのレシピで使う材料は、ミニトマトオンリー!とても簡単に作ることができるので、初めての方も安心です。

材料

ミニトマト……適量

作り方

半分に切ったミニトマト

Photo by soleil

洗って半分に切ったミニトマトを、クッキングシートに並べます。140℃にセットしたオーブンで15分焼き、乾燥するまで4回ほど繰り返します。

これでもう完成!少々時間はかかりますが、とっても簡単ですよね。
オーブンで15分焼いたミニトマト

Photo by soleil

15分経つと、上のような感じ。少し表面に水分が出てきていますね。この水分は、ペーパータオルなどでしっかり拭き取ってください。
オーブンで30分焼いたミニトマト

Photo by soleil

さらに15分経った状態が、上の画像です。だいぶ水分が抜けて、ドライトマトらしくなってきました。
最終的なドライトマト

Photo by soleil

最終的に、このような状態になればOKです。ミニトマトの大きさによって乾燥度合いは変わってくるので、まだ乾燥していない場合はもう少しオーブンにかけてみてくださいね。

ドライトマトはオイル漬けにして活用!

オイルに漬けたドライトマト

Photo by soleil

そのままでも充分活躍するドライトマトですが、オイル漬けにすれば一段とおいしく、なおかつ料理の幅が広がります。ドライトマトが完成したら、塩をすこし加えたオリーブオイルに漬けておくだけ。

そのままいただくのも良し、トーストの上にのせるだけでもおいしくいただけますよ♪
▼オイル漬けをどんなふうに活用する?

こんな方法でも!ドライトマトの作り方

1. 天日干し

太陽の光をたくさん浴びて作られたドライトマト。少し時間はかかりますが、一番自然な作り方でおいしさもひとしおでしょう。塩とあらびき黒コショウの風味が、ドライトマトとよく合います。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

soleil

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう