ライター : o0sae0o

在宅ライター

冷しゃぶの献立に、もうひと品加えたい

Photo by macaroni

暑い季節になると食べたくなる「冷しゃぶ」。タレによって味がガラッと変わるので、たくさん食べても飽きないですよね。ポン酢しょうゆでさっぱりといただいたり、濃厚な胡麻ダレペーストでコクをプラスするのも良いでしょう。

しかし、あわせる献立をどうするか困ったことはありませんか?この記事では、冷しゃぶだけでは物足りないときに参考になる、おすすめのひと品を紹介します。

冷しゃぶはサラダ?

そもそも、「冷しゃぶ」は主菜と副菜の分類に入るのでしょうか。肉の分量やタレによっても位置づけが変わりますが、「主菜としての冷しゃぶ」と「副菜としての冷しゃぶ」とでは、追加するひと品も変わってくるでしょう。

主菜の場合は、小鉢や、具だくさんのスープ・汁物などがいいでしょう。副菜の場合は、サラダのような分類になりますので、ボリュームのある主菜がおすすめです。

温まる!冷しゃぶの献立【スープ】

冷しゃぶを主菜としてテーブルに並べる場合は、スープがおすすめです。とくに、身体が冷えやすい方には、温かいスープがよいでしょう。野菜をたっぷり入れるスープでしたら、栄養バランスもばっちりですし、食べ応え十分ですね。

1. キャベツたっぷり中華スープ

ざく切りのキャベツの食感と甘み、ごま油の香りが楽しめる、たまごがたっぷりの中華スープ。ふわふわの仕上がりにするには、卵を最後に回し入れたら、すぐにかき混ぜないことがポイントです。水溶き片栗粉を入れると、とろみがついて飲みやすいですよ。

2. 玉ねぎのポタージュ

みずみずしく甘さが際立つ新玉ねぎは、ぜいたくにスープにしてみましょう。薄くスライスすれば火の通りが早くなります。ジューサーで撹拌することで、なめらかな口当たりに仕上がりますよ。さっぱりといただける冷しゃぶにマッチします。

3. 大根ともずくのサンラータン

酸味と辛味がが特徴のサンラータンスープに、千切り大根ともずくを加えるので、食べ応え十分。お好みで小ねぎをトッピングすると、彩りがアップします。辛めに仕上げたい場合は、ラー油や赤唐辛子を入れてるとよいですよ。
▼冷しゃぶを使ったうどんレシピ、おすすめです!

編集部のおすすめ