素材の味を生かす!生桜えびを使ったレシピ4選

18. 生桜えび&しらすの二色丼

干し桜えびはいつでも手に入りますが、新鮮な生の桜えびを見かけたら、しらすとともに丼に盛り合せてみましょう。 紅白の色味が、なんともおめでたい雰囲気。特にお祝いごとがなくても、春のウキウキ気分にしてくれます。彩りと味のアクセントに大葉を飾って、食のよろこびを堪能するといたしましょう。小さな幸せ、ここにあり。

19. 生桜えび入りスクランブルエッグサンド

最近は、ふっくら卵のサンドイッチブームですね。お寿司屋さんの卵焼きを具にはさんだ製品まで登場していますが、こちらは洋食らしく、スクランブルエッグに生の桜えびときゅうりを加えた春らしい逸品。色と香り、食感のコントラストが絶妙です。お好みで、ケチャップをつけても。

20. 桜えびとルッコラのカフェ風ピッツァ

お手軽に、市販のピザ生地を使います。生桜えびは「非加熱」ということではなく、日持ちのする乾燥物に対して釜揚げも「生」と言うのが通例です。 モッツァレラチーズ・トマト・桜えびをまんべんなくのせてオリーブオイルをかけ、オーブントースターで焼いて、ルッコラを飾ってオリーブオイルを再度かけたら完成です。白ワインか、キリリと冷やした日本酒とともに。

21. 桜えびと春野菜のポテトサラダ

マヨネーズの半分に、ヨーグルトを使うのがヘルシーポイントです。じゃがいもを茹でて、熱いうちにマッシャーでつぶします。具材と調味料を混ぜ合わせたらできあがり。じゃがいもは皮をむかずに、茹でてからむくと手間が省けて便利ですよ。

桜えびレシピの可能性は無限大!

桜えびに関するレシピは、いかがでしたか?思ってた以上に、多くのバリエーションがあるとは思いませんか?特に乾燥した桜えびは、保存が利くので便利ですね。 和食だけでなく、洋食や中華、エスニック料理などさまざまなお料理に活用できます。しかもそのままの形だけでなく、細かく砕いてパウダー状にして使うことも可能ですので、幅広く利用できますね。 あなたも、いろんな桜えび料理にチャレンジしてみてくださいね。
▼桜えびの風味を活かした料理、作ってみない?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS